脳窓全開ブログ

どうでもいいことにムキになりながら無駄に熱く長く書きなぐる日記帳ウェブログ。毎日更新!

    カテゴリ:■音楽のこと > 今日のBGM


    edIT - Certified Air Raid Material (Full Album)

    ものすごく久々に「edIT」を聞いたらいい感じに捗った。

    この「edIT」については約3年ほど前に「気になる音楽」として一度だけ取り上げたことがあって、正直そっちのほうが好みだったりするんだけど、これもこれで非常にいい。

    ※関連過去ログ

    実質的1曲目は「Battling Go-Go Yubari In Downtown L.A.」というタイトルで、タランティーノ監督の映画「キル・ビル」の登場人物「ゴーゴー夕張」をモチーフにした曲ですね。

    なので、要所要所に彼女のセリフが出てきます。ま、ぼくはキル・ビル見たことないんでよくわかんないんですけどねw

    因みに、この「ゴーゴー夕張」という役は、当初「柴咲コウ」さんのところにオファーがいっていたそうなんですが、役柄的にあまりに過激すぎるからと断られたみたいですね。

    で、それじゃあということで、深作欣二監督の「バトル・ロワイヤル」に出演されていた「栗山千明」さんのところにお鉢が回ってきたそうですね。

    因みにこれ、有名な話なのかもしれないですけど、如何せんぼくはどっちの映画も見てないもんですから、さっき知りました。

    で、大分楽曲から脱線しましたけど、この楽曲のジャンル的にはどうやら「Glitch Hop(グリッチ・ホップ)」というものらしいです。要は、HIP HOPの亜種ということですね。

    まあ、ビート感とかグルーヴ感は確かにHIP HOP的ではありますけど、こっちは、HIP HOPのグラフィティーアート感はなくて、同じ「絵」に例えるなら、アンディ・ウォーホール的なコラージュ感を感じる気がする。と個人的には思ってます。

    とは言え、41:53の「M11. Crunk De Gaulle (feat. TTC, Busdriver and D-Styles)  」については、フランス人ラッパーを入れた、割とまともなHIP HOPで、このアルバムの中でも一番好きな曲だったりします。

    「フランス語のRAP」って聞き慣れないと変な感じするかもしれないし、そもそもHIP HOPのイメージがあんまりないと思うんですけど、実はフランスって日本なんかより全然HIP HOPが盛んな国らしいですよ。(あと、韓国とかインドなんかも)

    とりあえず、このアルバムについては、少々頭を使うような作業の時でも使えるような汎用性がありますね。

    ■EDIT


    ラルク アン シエル 人気曲 - ヒットメドレー♥♥ ラルク アン シエル スーパーフライ♥♥ L'Arc En Ciel Best Songs 2018


    何かの拍子に関連動画に入ってて、「どれどれ。超久々にラルクでも聞いてみるか」と思い聞いてみたら、久々に聞いたってこともあって、思いの外良かった。

    あと、このシリーズでは何度も書いているかも知れないけど、BGMって基本「歌」が入ってないほうが良くて、特に日本語曲なんて日本人にとっては一番BGMに適さないはずなんだけど、頭使わず手だけ動かせば良い作業のときには非常に良いですね。

    ラルクについて

    あまりこのブログでラルクについてちゃんと書いたことって無いと思うので、少しだけ。

    ぼくは、ラルクの存在自体は彼らのインディーズ末期かメジャーデビュー直後くらいから一応知ってるのは知ってて、最初に見たのはあれは確か、まだVo.hydeの髪がものすごく長かった頃にWOWOWでOAされていたライブ映像だったと思う。

    最初それを見たときには、「全然ロックじゃねえじゃんなんだこれ(失笑)」ってかんじだったんだけど、hydeが髪を切ってショートにし始めて(おそらく4th SINGLE「風にきえないで」以降)からちょっと「お?」って感じになり始めた。

    そこからのシングル3作(4th:風にきえないで、5th:Flower、6th:Lies and Truth)は、傍目から見ていても「このバンドどんどん売れていくぞ」っていうのが分かる感じで、正に「勢いに乗っている感」がすごくあったように思う。

    ただ、ドラムのSAKURA在籍時のものについてはその3作品と、メジャーデビューアルバム「Tierra(ティエラ)」という、めっちゃ髪がサラッサラになりそうなリンス、もしくは代官山とか表参道あたりに実在しそうな美容院っぽい名前のアルバムに収録されている「Blame」って曲だけ好き。

    ※調べてみたら、表参道にほんとに実在しててワロタw

     Tierra

    で、ぼくが好きなラルクって、ドラムがSAKURAから現在の「yukihiro」さんに交代してからなんですよねー。アルバムで言うと「HEART」の時ですね。

    先代のSAKURAさんがシャブでパクられちゃって、その間そこにサポートで入ってるのは知ってたんだけど、何しろ、過去に一度だけこのブログで触れたことのある「Die In Cries」のドラマーだった、あのyukihiroがラルクに「正式加入」と知ったときの驚きは大きかったですねえ。

    で、この変化って確実にプラスに働いていると個人的には思ってて、以前もどこかで書いたことがあると思うんだけど「メンバーのひとりが不祥事で活動休止したバンド、後にブレイクする説」っていうのを正に体現しているんですよ。

    ※その他の例:BUCK-TICK、ONE OK ROCK等(っていうかそれくらいしか思い出せなかったw)

    更には、サウンド的にも本来のラルクの音楽性にyukihiroの軽くて硬いアタックのドラムってのが合ってたと思うんですよね。

    で、その後のアルバムとして「ark」と「ray」っていうのを「2枚同時リリース」するんだけど、そこがぼく的にはピークだったかなと。(あくまで「ぼくのラルク熱が」という意味で)

    その後は「READY STEADY GO」とか、ちょこちょこシングルを摘むくらいで、アルバムは聞かなくなりましたね。

    でもこの動画に収録されている曲は、大半が知っている曲だったので楽しめた。知らない曲もそれはそれでいい曲なだとも思えたし。

    特に後半の「GOOD LUCK MY WAY」とか疾走感と爽快感があって、割と好みの楽曲。

    【【今日のBGM:062】L'Arc~en~Cielメドレー】の続きを読む ■EDIT



    NEFFEX [ Album Mix ] Best Of Neffex I 作業用BGM NEFFEX TOP 20まとめ


    このブログで書くべきかどうか非常に迷ったんだけど、でも以前、「NEFFEXの楽曲をまとめて、作業用BGM動画を作りたい」って書いたことがある気がするので、思い切って書いちゃうと、今回ようやく、その「NEFFEXまとめ動画」を作成したよって話。

    ※関連過去ログ
     【今日のBGM:048】フリー音源のEDM系BGM

    いやしかし、まさか自分で作った動画をブログで取り上げる日が来るとは思わなかった。

    ぶっちゃけ、NEFFEXのTOP20みたいなまとめ方をしている動画って海外でも結構あるんだけど、日本人でやっている人はいないなと思ったので、思っきし便乗だけどやってみた。

    因みに「TOP20」とは、彼らのチャンネルで「再生回数の多い順」に並べた順番となってます。なので、正直言うと、ぼくが普段聞かない曲や、あまり好きじゃない曲も入っていたり、逆に「なんでこの曲ないんだろう」っていうものも結構ある。

    だが、所謂「マイベスト」的な楽曲たちについては、この次の次の動画でやろうと思う。

    で、楽曲について何だけど、M1. RUMORSについては何故かやたらと再生回数が多いのだけど、ぼくはぶっちゃけそこまで好きではない。

    もちろんいい曲だし、かっこいいし、プレイリストには必ず入りはするのだけど、ちょっとロック色が強すぎて、RAP色があまり強くないってところが若干マイナス。ぼくはこっちよりもM2. FIGHT BACKや、M4. FAILUREのような早口ラップがやっぱり好きだ。

    とりあえず、作業用BGMには非常に適していると思うので、是非聞いてみて欲しい。そしてチャンネル登録をしてくれると嬉しい。

    しかし、このチャンネル開設のために作ったサテライトのTwitterアカウントで、生年月日の項目を、チャンネル開設日である昨日の日付(2018/12/07)で登録したらロックされてしまった。。。

    Twitterの規約だと、13歳未満はTwitterに登録できないからということで、機械的に判断されて速攻ロックですよ。一応後から身分証の画像を送信したけど、それだけだと本人性の確認ってことにはならないと思うんだけど、どうなんだろか。

    まあこの辺りについては、進捗があり次第、別記事にてまとめたいと思います。

    ■EDIT


    Ultimate Metalstep Mix


    クソかっけえ。

    Metalstepについてはこのカテゴリの3つ前で一度紹介して、正にそこで「KORN × Skrillex」を引き合いに出して言及していたんだけど、今回のは正にその楽曲も入っているし、別の曲もあるし、何ならマリリン・マンソンのものもある。

    ※関連過去ログ
     【今日のBGM:057】METALとDUB STEPの融合(メタルステップ)

    特に、マリリン・マンソンの「This is the New Shit (Dave Scorp Remix) 」が最高にかっこよかった。原曲自体が非常に好きな曲なんだけど、それを更にいい感じにしてくれてて、最高にテンション上がる。なんなら、もう原曲超えた勢い。

    これ、DUB STEPじゃなくてドラムンベースって所が良いね。

    実はもうこれ、連日回しまくり。最高。

    [Track List]

    • Disturbed - Down With The Sickness (Ruben K Remix) 0:00
    • Disturbed - Down With The Sickness (SubVibe Drumstep Remix) 2:22
    • Marilyn Manson - This is the New Shit (Dave Scorp Remix) 4:50
    • Korn - Narcissistic Cannibal (feat. Skrillex) 8:13
    • Datsik & Infected Mushroom - Evilution (ft. Jonathan Davis) 10:54
    • Korn - Get Up 13:27
    • KillSonik -- Slaughterhouse 16:14
    • Killbot - Feel Alive 19:27
    • Asking Alexandria - The Final Episode (Byzanite Remix) 23:06
    • System Of A Down - Toxicity (Subsource Resmashed Dubstep Remix) 26:47

    ■EDIT


    Cobra The Arcade Soundtrack Full (Best Quality)



    なんか、DUBSTEPやらEDMもいいんだけど、不意にこのサントラを思い出して無性に聞きたくなってYouTubeで探したらあった。このサントラ、ホント好き。

    ゲーム自体は13年前のもので、普段ゲームをしないぼくが珍しく激ハマりしたガンシューティングゲームでもある。

    BGM自体のジャンルはおそらく「トランス」だと思う。

    トランスなんて、元来的にはガンシューティングゲームに似つかわしくないはずなんだけど、一応舞台は宇宙なのでそんなに違和感はない。というか、ファミコンの時代からBGMには定評があるnamcoだけに、本当にクオリティが高い。

    namcoのBGMのクオリティの高さって、各ジャンルに対するアプローチが「××風」とか「××的、××っぽい」じゃなくて、結構ガチなとこ突いてるというか、そのジャンルの本物だからってところだと思う。

    要は、ちゃんとそのジャンルを知っている人が作っているみたいな感じ。な、だけにおしゃれというか、「センス」を感じるんだと思う。

    特に、プレステ以降のnamcoはアーケード含めて、基本クラブ系サウンド寄りになってきていて、鉄拳シリーズなんかも、確か楽曲はHOUSE系だった気がする。

    このCOBRA THE ARCADEに関してだと、ぼくは最初のステージの曲である「CASINO」と、その次の曲「CYBER WOLF」と、確かSTAGE4だったと思うんだけど「TURBAGE」っていうのと、ラストステージの「FINAL SHOWDOWN」が好き。めっちゃかっこいい。

    自分もこういう曲作りたい。


    ■EDIT


    Best Dubstep Mix 2017 [Brutal Dubstep Drops]


    DUB STEPってすっかりブームが過ぎ去った感もあったし、NEFFEXばっかり聞いていたこともあってすっかり忘れていましたけど、やっぱり久々に聞くといいなあとしみじみ。

    以前とり上げたBGMで「METAL STEP」なる新たなジャンルを開拓したわけだけど、他のものでどうもしっくり来るものがあまりなくて、久々に関連動画でDUB STEPに戻ってみたら、これがすごく良かったのでシェア。

    だからといって、特に目新しさのようなものはないんだけど、やはり何かの作業をしているときのBGMとしては非常にいいんですよねえ。

    何も考えずにひたすら手を動かす系の作業向け。


    ■EDIT


    Aggressive Music Mix | Electronicore, Metalstep, Industrial

    これ、めっちゃかっこいい。

    以前、過去ログにて「KORN × Skrillex」というのを取り上げたことがあるんだけど、正にあれに近い感じだった。

    ※関連過去ログ  
     【今日のBGM:030】Korn – Get Up! ft. Skrillex

    ここにも書いたんだけど、DUB STEP自体がそもそもEDMとしてはヘヴィなビートなので、ラウドロックやヘヴィメタルとの親和性は非常に高いものでもあるんですよね。

    KORNとSkrillexの方は、だいぶビート重視というか、「featureing Skrillex」ということもあってKORNのリフよりかは上モノのSkrillexの方をフィーチャーしている。

    けど、このBGMはインストメインなので、メタリックなディストーションギターが大活躍していて、リフ好きにはたまらないんじゃないかという気がする。実際、聞いててめちゃくちゃ気持ちいい。

    テンション上げながら勢いに乗せてガーッと作業したいときにぴったりなBGM。 ■EDIT

    ハードロック ヘビーメタル - ロック 音楽 - メドレー - ミックス - 盛り上がる曲 - 元気が出る歌 - 筋トレ BGM - ランニング 音楽 - 作業用BGM

     

     

    このカテゴリ更新するの本当に久しぶりですね。最後のエントリ見たら3ヶ月くらい前だった。

     

    ココ最近BGMはずっと「lynch.」だったりしたので、作業用BGMに特化した音については以前ほど積極的に探してはいなかったんだけど、そんな中、ちょっと変わったBGMを見つけたので貼っておく。

     

    と言っても、完全にただの「メタル」なわけですが、作業用BGMのためヴォーカルは入ってないやつですね。それどころかアーティスト名や曲名の表記もなかったので、おそらくはフリー音源サイトから引っ張ってきたのでしょう。

     

    メタルはメタルでもスラッシュメタルではなく、割とヘヴィなリフものが多い印象なので、作業は割と捗る。やはり、歌が入っていないってだけで大分違いますね。

     

    あと、速弾きもそこまで入ってないので、思わず意識が持ってかれることもない。なんというか、「BGMとしてのメタル」というものをしっかりと全うしているというか、BGMとしては非常にちょうどいいバランスで成り立っていると思う。

     

    ■EDIT

    D'ERLANGER - STILL MY LOVE【Live】

     

    BODYの「Still my love」をD'ERLANGERがセルフカバー。これいいなあ。すごくいい。

     

    D'ERLANGERのライブ映像は他の曲もYouTube上に散らばってて、メンバーがD'ERLANGER再結成前にやっていたそれぞれのバンドの曲をセルフカバーしていて、例えばそれこそ「BODY」の「I LOVE YOU」なんかはCRAZE時代にも歴代のボーカリスト達ほぼ全てがカバーしていて、最早定番化しているところもある。

     

    だが、それ以外にも、Vo.KYOが以前やっていたバンドDIE IN CRIESの「MERODIES」をカバーしていたり、CRAZEのNAKED BLUEをカバーしたり、メンバーそれぞれのキャリアの中での代表曲を、惜しげもなくカバーしてくれている。

     

    だが、これらのカバーは決しておじさんバンドによる懐古的なカバーなどで終わるものではなく、やはりそれぞれのキャリアを経てのカバーなので、単にヴォーカルや楽器隊が変わっただけではない、いい意味での円熟さが加わり、ビルドアップされたカバーになっている。

     

    特にこの曲については、アレンジなんてほとんど変わってなくて、せいぜいピアノがフィーチャーされたくらいで、全体的なアレンジは殆どいじってないくらいなのに、Kyoが歌うことによって、もう完全にD'RELANGERの曲になっている。

     

    BODYのこの曲もすごくいい曲だったけど、こうして、更に旨いヴォーカリストによって歌われると、本当にいい曲なんだなあということをしみじみ実感した。

     

    やっぱり、いい曲は何年経ってもいい曲だなあと思った。

     

    ■EDIT

    Linkin Park - Minutes To Midnight(3rd ALBUM)   1年前の今日、ぼくが敬愛するバンド「LINKIN PARK」のヴォーカルである「チェスター・ベニントン」が亡くなった。あれから、もう1年が経ったんだ。   この1年の早さは、毎年、誕生日や年の瀬の度に感じる「時間が経つのが早い」というような、加齢や経年による早さなどではなく、ぼくの中でのLINKIN PARKの時間が止まってしまったことによるものだ。それくらい、ぼくにとっては彼の喪失は大きい。   チェスターの居ないLINKIN PARKは、LINKIN PARKではないと思う。出来ることなら、このままそっと終わってほしい。それがいちファンとしての願いだ。   そんな事を考えながら、今日はこのアルバムを聞いていた。 ■EDIT

    このページのトップヘ