鬼滅のブームがうるさ過ぎるので、そりゃ、こんなしょーもないニュースも出てきますわなというお話。

●リツイート
ほんこれ

マジで関係ないと思う。わざわざそんなつまらない質問しにいってどうする

そもそもジブリとジャンプ系マンガの映画を比較すること自体に意味がないっていうことをわかってないのがバカすぎ
ラーメンと寿司を食べ比べて「どっちが旨いか」を論じようとするくらいナンセンス

まあ、記事元が「週刊FLASH」って時点で察しだけどなw


まあ、でも宮崎さんって「怒りながら何かを否定する」ってイメージ確かにありますからね。これで、宮崎さんからの辛口批評的なんかを期待したんでしょう。

とはいえ、質問のレベルが低すぎることに変わりはないし、ツイートにも書いたけど、「そもそもそれ聞いてどうする」って話なんですよね。

「日本を代表するアニメー監督から見た【鬼滅の刃】とは?」みたいなテーマで考察を探りたいのならば、もっと具体的かつ本質的な質問の仕方をすべきだけど、記事元のソースは~?

 週刊FLASH

はい残念w
彼等に書けるのは「ゴシップ」だけでしたw

●リツイート

出た出たw
昔懐かし「タイガーマスク運動」的なやつw

これもアホみたいに流行るんかな。
でも「現金」ってところは好感が持てる。


最初見た時、爆笑した。
でもこのニュースが出てから、模倣犯のニュースは聞かないですね。

ただ、この手の寄付系の話ってぼくすごく嫌いなんだけど、唯一すごく好感をもったのが、プレゼントしているのが「ランドセル」でも「千羽鶴」でもなく「現金」というところ。これは非常に評価できると思います。

タイガーマスク運動の時は、おそらく団塊世代くらいのおぢさん達が、バカの一つ覚えのように一方的に「ランドセル」を送りつけては、各施設を困惑だけさせてきて、ぼくはそれは「善意の不法投棄」と揶揄してました。

※関連過去ログ

http://blogrider.tokyo/archives/13813242.html


http://blogrider.tokyo/archives/13813597.html


http://blogrider.tokyo/archives/24887091.html

要するに3本の記事で共通していってきていることは、「相手の都合を一切無視した贈り物は、善意や行為の押しつけ」でしかなく、そんなものはある意味で「不法投棄」と変わらないってことです。

そこへ行くと「現金」って、まだマシかなと思う。無論、後々「贈与税」的な税金の問題なんかが絡んできたりして、なかなか取り扱うが難しい部分もあるとは思うけど。

でも所謂、施設系の人たちが最も欲しい物って、実はそれじゃないですか。それがあれば何かしらの役には立てるんだから。

とはいえ、寄付するのにいちいち「竈門炭治郎」を名乗って、鬼滅の流行に乗っかってるっていう部分で、善意に薄っぺらさを感じるので、ぼくにとっては「しょーもなニュース」でしか無いですけどねw

ほんと、やることダッサいなあってw
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT