毎度おなじみ、ブラックワーキングについてのお話です。

BLACK on the INEFFICIENCY


ほんこれ。

ぼくは今の会社で、契約社員からバイトに戻してもらったんだけど、その理由が正にこれ。契約社員だと、週5必須みたいな感じになるんだけど、とてもじゃないがせめて隔週で週休3日にしないと追いつかない。

ぼくの場合、疲れが取れないのではなく「副業の作業時間が確保できない」と言う意味で、週休3日欲しい。でもバイトだと、収入減るのよね。。。

なので、そういう意味でもベーシックインカムを5万でもいいから早急に導入して欲しい。単純に「お金が欲しい・贅沢がしたい」のではなく、「気兼ねなく副業に時間を割くために」欲しい。

誰かが言ってたけど、「人が本当にほしいのはお金ではなく自由な時間」って言ってたと思うんだけど、あれホントその通りだと思う。

●元ツイート
週6の疲れがトレンド入りしてるけど日本ってみんな働きすぎじゃない?


これ。

マジで、祝日がこれだけ多いのにブラック企業が多かったり、残業自慢・寝てない自慢が横行しているのは、その裏で週6勤務が当たり前になっている会社が多いというのが現状でしょう。

あとは、IT化・ペーパレス化が追いついてなかったり業務効率が悪すぎたり、それに伴って業務内容が属人化しすぎていることによって、会社そのものは週休2日でも、特定の部署や人だけが不眠不休みたいになっているっていうのも多いと思う。

それもこれも全て「業務効率が悪すぎること」が元凶。


●元ツイート
週6の疲れも分かるけど、個人的には1日最低8時間の勤務ってのが既にキツい気がする。
勤務時間とか5時間くらいでいい。

午前8:52 · 2020年10月19日

これもホントそう。
ぼくもずっと「8時間もいる?」って思ってた。

で、ツイートにも書いたように、1日の1/3もの時間を使ってそれを週5日もやっているために、肉体的な疲労よりも精神的な疲労が圧倒的に多いのよ。

なので、1日の労働時間が仮に3~4時間程度だったとしても、それが週6とかだったら、それはそれでやっぱりキツイはずなんだよね。

で、この元ツイートに対して、こんなリプを投げている人も居た。

キャスビジネススクールによると『特に40歳以上は週25時間以上働くと脳の認知機能が低下し、40時間以上働くと死亡リスクが高まる』のだそうです。

また他の研究でも『1日の集中時間は最大4時間程で、週4勤務でも週5勤務と生産性がほぼ変わらない』のだそうです。

午前10:57 · 2020年10月19日

やっぱりね。

ぼくの仕事なんて特に「向こうからやってくるのを待つ仕事」だから、開けている間は居なきゃいけないってのはわかるんだけど、仕事の「分量」だけで言ったら、絶対に8時間も要らないもの。

事実、今これを書いているのも「仕事中」で、完全に手が空いている状態だし。

その時の状況や状態によって暇を持て余して、それでもなお拘束されなきゃいけないってのは、どう考えても業務的に見れば非効率以外の何物でもない。

今の仕事はまあ、結構楽だしホワイトな会社なので、時給は安くても会社に対して文句はないそれこそこれを書いている今の状況のように、そうした「スキマ時間」を大いに利用させてもらってるけど、とは言え、やはりここから脱却しなきゃな、とも思う。

なので、今日も今日とて、仕事サボってブログ書いたり作業したりしてます。利用できるもんはとことん利用させてもらう。悪いが、罪悪感なんて1gも持ってない。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT