1979年10月25日リリース

41年前の今日リリース。
このカテゴリで扱うネタとしては、最も古い年代のものではないでしょうか。


テクノポリス  イエロー・マジック・オーケストラ

冒頭にも記載したように、何しろ41年前の曲なので、ぼくは当然リアルタイムでは聞いていない。厳密には生まれてはいるんだけど、ぼくは1976年生まれなので、当時まだ3歳になったばかりだ。

ぼくが初めてYMOを知ったのは、小学校の時の運動会で「ライディーン」にあわせてダンスをするみたいな出し物があって、それで聞いたのが最初。

80年代に小学生だったということもあって、当時それは非常に衝撃的で、そのサイバー感がたまらなくカッコいいと思ったのを記憶している。

このテクノポリスという曲も、正にそのライディーンと同じ系統(というかこっちのほうが先なんだけど)で、カチッとした8ビートのメカニカルなドラムビートにシンセという、所謂「テクノ」と呼ばれるじゃんるそのものの元祖的な曲。

というか、「テクノポップ」というジャンルそのものについては、それこそその元祖がYMOかドイツの「クラフトワーク」か、といったところなので、ホントの元祖と言えるかもしれない。

ヴォコーダーと思しきエフェクトを通して「トキオ」というヴォイスとか、今聞いちゃうとちょっとダサいんだけど、当時はそんなのなかったんだろうから、恐らく死ぬほどかっこよかったんだと思う。

あと、改めて聞くと、恐らく「Daft Punk」ってこの辺りのテクノポップの影響とか受けてるのかなってちょと思った。特にアルバムの「HUMAN AFTER ALL」とかその辺が。

あとは、Perfumeのプロデューサーとしても知られる「中田ヤスタカ」さんなんかも、ぼくより若いけどこの辺聞いてそうだなと思った。

特にPerfumeのアルバム「⊿(デルタ)」に収録されている「NIGHT FLIGHT」なんか、かなりこのテクノポリスにやライディーンに近いもの物を感じるし、「I still love U」なんかも、YMOをベースにしつつマイケル・ジャクソン風味に仕立て上げた感もある。


Perfume NIGHT FLIGHT

改めて聞いてみると、この曲めっちゃカッコいいなw


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT