先日「SNSの誹謗中傷撲滅」を掲げる三崎さんの話題を出しましたけど、結局はこれに尽きるよねという話を書きます。

●元ツイート
ナナチル@アダルトチルドレン
@burytheold

100人がほめてくれても1人に悪口を言われたらその1人が気になってしまうのが人間だけど、わざわざ相手に悪意を伝えてくる人って意外と希少種なので、1人に悪口を言われたら実は100人くらいは私のこと好いてくれてるんだな、くらいに図太いメンタルで生きればいいと思うの

午後8:00 · 2020年9月6日
https://twitter.com/burytheold/status/1302562239665274880
●リツイート
ほんこれ

YouTubeやSNSのコメントやリプなんて正にそうだと思う

そういう心構えを事前に持っておかないと、余程神経図太い人じゃない限りちょっと叩かれただけで折れると思う

元々神経がか細い人は太くして強くなろうだなんて思わんでいいのよ。スルースキルと切り替えの速さがあればなんとかなる

午前0:47 · 2020年9月7日

もう過去に何度も書いてきていることだし、このツイートにも書いちゃってるんだけど、そもそもの話、誰がどんな情報を発信したところで、余程世間のモラルやコンプライアンスから著しく逸脱しておらず不快なものでもない限りは、アンチコメントなんて「無いに等しい」と思ってもいいと思う。

実際にアンチコメントが入ってこないという意味ではなく、たとえそういうコメントが付いてそこにアンチコメが存在しているとしても、「有って無いようなもの」だということ。

要は、「個人の自由」の範疇に問題なく収まっているものなのであれば、そもそも叩かれる謂れなんてないのだし、そもそもアンチコメントが大義名分を振りかざして何か言ってきたとしても、「それはテメーのものさしの話だろ?」って話なんですよね。

もっというと「ただの価値観の押しつけ」でしかなく、自分の価値観(そいつなりの正義感や倫理観)にそぐわないと、そこからはみ出しているやつが許せないっていう心理。

これも以前から度々書いていると思うけど、これって結局「推しに身勝手な処女性を求めて、自分が思い描いていたような清廉性に1つでもシミがついていると、途端にヒステリックにビッチ扱いする」みたいな童貞心理と一緒だと思うんですよね。

第一、そもそもヒステリックに喚いている時点でその言説に説得力なんてないよねって話なんだから、そんなものはただのノイズ。いちいち拾う必要はないって話ですよ。

Testosterone

SNS疲れを防ぐ6箇条

①反対意見は必ずある。気にするな
②嫌われてもOK。好きな人とだけ繋がれるのがSNS最大の利点
③批判の中に人格否定が混ざってたら無視
④悪意に誠意で対応しない
⑤不特定多数に発信してる以上誤解は避けられない。全員を納得させようとしないこと
⑥疲れたらスマホを置け。寝ろ

午後5:49 · 2020年9月6日
https://twitter.com/badassceo/status/1302529319768526849

ほんこれ。

特に1と2については、ブログとか情報発信を始めてもいないうちからやたらと気にする人がいるけど、大丈夫だって話。

だって、このブログなんて4年半やってるけど、反対意見のコメントどころかそもそもアクセスが全然ないんだからw

一度、再結成したJUSTY-NASTYをボロカス書いた記事で、YouTubeのコメント欄につくみたいな頭悪い反論コメントが付いたことがあるけど、それに対する僕からのレスを、おそらくは本人は呼んでないでしょうからね。おそらくただの書き捨て。

反対意見に向き合う覚悟がないなら、いっそのこと「向き合わなくていじゃない」って話なんですよ。そのブログやツイッターは、あなたにとって「都合のいい場所」で大いに結構なんですよ。

「自分にとって都合のいい、好意的な意見だけ拾って、批判的な意見には耳も貸さない」みたいなスタンスって、世間一般ではすごくダサいみたいな風潮ありますけど、そんなことないですからね。

だってブログやツイッターなんて、その人の家であり庭なんだから、言うなれば「書き手がルール」じゃないですか。それをどう扱うかなんて書き手の勝手でしょ?

それを巧みに使ってるのがこの人。


これが「被害者しぐさ」というやつですね。 

午前6:37 · 2020年9月9日
https://twitter.com/TomoMachi/status/1303447427953782784

これは、ちょっと前に話題になった「つるの剛士さんの畑からパクチーが盗まれた騒動」について、クソ頭悪い映画評論家がつぶやいた一言。

この発言でだいぶ炎上したけど、肝心のこの映画評論家は「自分に対してリプを送れる人を制限」してますからね。で、今はこの件については一切触れずに、しれっといつものようにツイートを続けているっていう。

ぼくはこのおっさん元々大嫌いなんだけど、悔しいかなやり方としては残念ながらこれが「正解」なんですよねー。多分この人、全然ダメージ食らってないと思う。


話を戻すと、いずれにしても大変の人は趣味でやってるもんなんだから、「自分にとって不快なものを受け止める義務」なんてものはないんですよ。なので、都合のいいように拾って解釈したっていい。

それを「ダサい」と思いたい人には思わせておけばよくないですかね?ダサいと思われて、あなたに何か不都合なことってありますか?無いですよね?

リアルな知人友人ならまだしも、ネット上の顔の見えない批判なんて、所詮ただのテキストでしょ?何もビビることはないですよ。本来的にそれは痛くも痒くもないはずだ。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT