ジャパニーズHIPHOPのレジェンダリーラッパーであるZEEBRAさんが不倫、っていうのが話題になりましたね。

ぶっちゃけそんなものは心底どうでも良かったりするわけなんですけど、ぼくが触れたいのはこの元ネタそのものではなくて、これについての「ウーマンラッシュアワー村本さん」のツイート。

ちょっと流石にこれはねえなwと思ったので、拾ってみますね。



謝るやつも、なにやってんだってやつもどうしようもない。ラップあるならそれをラップやれよ。思うことを出す場所があんだろ、クソみたいに謝罪したり論じるなよおれに言わせりゃ本当にダサい
午後11:50 · 2020年8月25日
https://twitter.com/WRHMURAMOTO/status/1298271621715648512
●リツイート
言いたいことはわからんでもないが、「ラッパーなんだからラップやれ」は安直すぎ。

その論法なら、それこそそのツイートをお笑いのネタにした上で言うべきでは。

午後11:54 · 2020年8月25日

まずはじめに断っておくと、ぼくは村本さんのアンチなどではなく、寧ろ結構好きなんですよ。政治についてのツイートなんかは何度かRTもしてるし、頭いい人だなあって思ってたんですけどね。けど、この意見は流石にねえわw

「ラッパーならラップで言え」って、なんかそもそも言い分がめっちゃ素人臭くないですかねw 

例えるならプロの作った何らかの作品に対して批評して、それに対するカウンターとして「じゃあお前が作ってみろ」って言ってるのと同じで、凄くレベルが低いなと感じてしまう。知性や思慮の浅さを感じてしまう。

ラッパーならラップしろって、ぼくだったら「なんでいちいちこんなことをラップしなきゃならんのよ」って思うけどね。意味がわからん。思考が単純すぎる。

これに対して、MC松島さんがものすごく的確にツッコミを入れていたので、その動画もシェアしたい。


ウーマンラッシュアワー村本きもすぎ

この中で正にぼくと同じツッコミを入れているし、「ラップは作品であり、何を作品にするかはこっちの自由」って言うのも本当にその通り。

 でもその上で好意的な解釈も試みてみる


とは言え、村本さんの発言をちょっと好意的に解釈してみると、これのツイートって実はZEEBRAさんに対してではなく、別のラッパーである「宇多丸さん(RHYTHMSTER)」のラジオの発言に対して言ってるんですよね。

そのラジオの中で、宇多丸さんがこのZEEBRAの件についてコメントを求められたか何かで喋ってるんですよね。

なので、「ラッパーならラップ」という部分ではなく、「不倫」だなんていうしょうもないことをやること自体もクソダセえけど、それに対していちいち論じるのもダセえってっていうのが、おそらく村本さんの本当に言いたかったこと(本質的な部分)なのかなという気もした。

そういう意味でいうと、ぼくも同じ気持ちだったりするんですよね。

不倫なんて言うものをニュースにすること自体がバカバカしいし、それについて著名人があーだこーだと時間を割くことって、実に非生産的だし、結局の所「だからどうした」の一言で終わっちゃうし。

つまり「ラッパーだったらラップで」発言そのものは、寧ろおまけなのかなと。

四の五のつまんねえことで時間使ってくだらねえ議論なんてしてねえで、ラッパーだったらラップやっとけよと。(そのほうがまだ有意義だろ?という意味で)

と、考えると、そういう解釈もできなくはないという気もした。ていうか、そうであってほしい。

そうじゃなく、本気で言ってるんだとしたらそれは相当やばいけど、おそらく村本さんはそこまでバカじゃないはず。(と、ぼくは信じている)

でも世の中には、「ラッパーなラップで発言」をする人が未だに多くいるのも事実で、頭の中脳みそじゃなくうんこが詰まってるんじゃないかという人もいて、そういう人って物事の本質を見れてないから注意が必要ですね。

というか、そんな的はずれな批判は、全スルーで行きましょう。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT