c6405203-c153-4c5c-85b3-358580f98658



まあまあ旨かった。が、また食べることがあるかと言えば、おそらくないだろう。

 注文したもの


c6405203-c153-4c5c-85b3-358580f98658
  • チョコレートナン+¥250
  • ダルカレー@¥720


もうこの店には、どれくらいの回数訪れているかなんてわからない。

なので、少なくともランチメニューで食べたことないものはないのだけど、唯一この「チョコレートナン」だけは、おっかなくて手を出してなかったんですよね。でも今回、意を決していってみました。

 ぶつぶつ開いてる穴がキモい


最初の上の画像を見てもらえればわかると思うけど、まず表面のこのブツブツキモくないですか。ぼく、こういう模様を見るとと単位鳥肌立つんですよね。。。

これなんでこんなふうに穴が開いてるんだろう。こうしないとチョコが必要以上に溶けてしまうとかそういう理由なんだろうか。いずれにしても、この見た目は苦手です。

でも、マスターに聞いてみたところ、この「チョコレートナン」意外と人気メニューらしくて、土日とか小さいお子さんのいる家族連れなんかが割とよく注文するそうです。なるほどね。


 思っていたよりかチョコの量が少なくて良い


a989de2f-78ac-4270-8596-30be13ddd83e

チョコの量はこんな感じでした。なんかこうして画像で見ると「チョコチップ」っぽく見えますけど、そこまでガリガリではなかったです。でも温かいナンの中に収まっているものなので、ある程度の硬さはもちろんあります。

ともあれ「1枚のナンの中に、みっちりチョコが詰まっている」みたいなのを最初にイメージしていたので、ちゃんとナン本来の味を損なうことなく、いい感じのバランスで味わうことが出来たのは良かったですね。

といっても、このお店の場合、シェフによってナンの焼き加減やカレーの辛さに微妙に差が出るので、場合によっては、チョコみっちみちになる可能性も無きにしもあらずだと思うけど。

 思っていたより、カレーに合う


併せたカレーは「ダルカレー(豆のカレー)」でした。

ぼくはいつも、このお店でチーズナンを食べるときは決まって「ダルカレー」であわせるようにしている。

その理由としては、チーズナンのように「中に何かが詰まってる系統のナンのときは、具材がスッキリしているカレーの方が合う」と思っているからです。

要はマトンとかビーフで合わせようとしてしまうと、それぞれの味や食感がぶつかり合ってしまうので、最もスッキリしている味のダルが合うかなと思うんですよね。

で、チョコの甘味とカレーのスパイシーさが思いの外あっていて、悪くはなかったですね。

とは言え、この店のカレーは辛さが全然ないので、もっと辛くてもいいくらいだと思う。

 まとめ


チョコレートナンそのものは悪くはないと思う。

が、一人で一皿だとぶっちゃけ途中で飽きると言うか、チョコの量が少なめとは言え、一皿分だとまあまあもたれてくるので、これはカップルとか家族とか、複数人で行った際に一皿だけ頼んで、全員でシェアするみたいな食べ方のほうが良いと思う。

なので、正直もういいかなという感じ。もう一度食べるということはもうないでしょうね。

ごちそうさまでした。

※関連過去ログ
http://blogrider.tokyo/archives/20476469.html

http://blogrider.tokyo/archives/20986022.html
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT