緊急事態宣言以降、新規のカレー屋さんを開拓してないこともあり、このカテゴリについては大分久々の追加になったんじゃないでしょうか。

とはいえ、今回は新規開拓ではなく、過去にもこのブログで2回位紹介したこともあり、ぼく自身は何度も言ったことのあるカレー屋さん「ニュームナ」さんです。

 注文したもの

c2b24069-3e7f-4a8f-a0a5-ee8360606d56
  • ダブルカレーライスセット(サグマトン&日替わりキーマしめじ)@¥990
    ⇒サラダ+ドリンク(ホットコーヒー)
    ⇒辛さ6(超激辛)
旨かった。が、辛かった。

なんか、久々にナンではなく「インディカ米」で食べたくなって、久々に行ってきた。

で、このハーフ&ハーフ的なやつって、多分食べたことない。新所沢の「印度亭」では過去にあったけど、この店では初だったはず。

ぶっちゃけ、この店のランチメニューの中に「おすすめランチセット」ってのがあって、それが「日替わり+別のカレー1種」で「ナン・ライスおかわりフリー」ってのがって、このダブルのセットについては、おかわり不可の代わりにちょっと安くなってるってだけのもの。


original

※このメニューは最新のもののではないため、2020年7月現在では表示価格より値上がりしてます。

で、実は先週にも顔を出していたんだけど、先週はこの「おすすめ」の方だったんだけど、ライスの量がちょっと少なくて、おかわりしたんですよね。

なので、今回の「ダブル」の方がライス量多いのではないかと予想し、そっちにした。単純にこの盛り付けも好きだし。で、ついでに辛さもMAXにしてみた。

したらば、片方がキーマということもあり、流石にMAXは辛かった。

インドカレーの辛さって日本のカレーと違って、入り口からいきなりホットなのではなくて、「後から追いかけてくる辛さ」なんですよね。

なもんで、最初は普通にパクパク食べられたんですけど、後から段々口の中がヒリヒリしだしてきて、最終的には結構汗が吹き出てきた。

ホットコーヒーなんかじゃなく、ラッシー系にしておけばよかった。

因みにこのお店のラッシーは、ノーマルのプレーンラッシーの他、マンゴーラッシーと「オレンジラッシー」なんてのもあります。そっちにすりゃよかった。で、この日、ちょっと肌寒かったんですよね。カレーで熱くなるっていう部分については、すっかり計算外だった。

因みに、ここのカレーは辛さMAXにしていても、カレーそのものについてはまろやかということもあり、甘さも混在しているんですよね。

日本のカレーとインドカレーの最大の違いって正にこういうところなんじゃないかなという気がする。「辛いけど、ベースの部分は甘い」みたいな。

で、そういうのを全部ひっくるめて「コクがある」っていう言い方をするんでしょうね。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT