もう今日は面倒くさいので短めに。


中学12年生

最近、Japanese HIPHOPにハマっていて、それこそこのブログでも晋平太さんだったりNORIKIYOさんの楽曲動画を取り上げたり、最近だとR指定さんの書籍のレビューも書いた。

で、今回シェアするのは、正にそのR指定さんの所属する「Creepy Nuts」の楽曲「中学12年生」です。もうこのタイトルが秀逸ですよね。

この曲を聞いてもらえればわかると思うんだけど、彼らの楽曲って、良くも悪くも全くHIPHOPじゃないんですよね。すんげえPOP。というか、完全にJ-POPと言っていいと思う。

でもそんな楽曲でも二人のスキルが遺憾なく発揮されているし、何よりラップが非常に気持ちよくて、ここ数日この曲ばっかり聞いてる。

リリック(歌詞)は、こじらせちゃった中学の時から変わらぬまま大人になった自分たちの様子と、家庭を持ったりして所謂「立派な大人」になった同級生たちとを比較して、自分たちを自虐的に「中学の頃から時が止まっているから」と「中学12年生」と評しているそんな歌。

これ、ぼくはすんごい愛おしいなと思った。正にぼくもそんな感じで今の今まで生きてきたから。

これ、カラオケに入ってないかなあ。歌いたい。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT