先の「木村花さん問題」を契機として、いま改めて「ネット上の誹謗中傷問題」がクローズアップされてますよね。

でも、この事件に際し、多くの著名人が「誹謗中傷ダメ、ゼッタイ!」とか「誹謗中傷やめようぜ」みたいな発言・発信をしていたと思うんですけど、ぼくはハッキリ言ってそのことに全く意味なんて無いと思うんですよね。

そういう意味で、今回シェアするこの動画は、ちゃんとその本質を突いていて流石だなと思った、と言うお話です。


ネットから誹謗中傷をなくすにはどうすればいい? キンコン西野さんの解答が天才すぎた @nishinoakihiro

これこれ。さすが西野さんですね。

だって、「ネットの誹謗中傷」なんて「いじめ」と一緒じゃないですか。そして「いじめ」や「殺人」や「戦争」や「人種差別」って、なくならないですよね?

なくそうと思ってなくなるもんなら、とっくに無くなってないとおかしいですよね?って話なんですよ。

だから「根本的な仕組み自体を変えないとダメ」っていうのは、非常に理に適っている。というか、確かにそれしか無い。

あと、誹謗中傷を受けた側は、明確に「脅迫」だとか物理的な嫌がらせを受けていない限りは、基本「スルー」すべきだ。

木村花さん問題に言及した際にも書いたけど、ネット上の誹謗中傷の大半なんて、「少数アカウントにより生成されたただのテキスト情報」にすぎないんだから。そこに大した意味なんて無いのよ。

※関連過去ログ


だから極論、「自分にとって都合のいい言葉だけ受け入れ」て、「自分にとって嫌な言葉なんか真に受けなくていい」って話なのよまじで。

生真面目に全部真正面から受け止めてたら、ネットの世界じゃとてもじゃないが生きていくのは難しいって。メンタルが保たない。

なので、「誹謗中傷をなくそう」なんていう無駄な努力にリソースは割かなくていい。ネット上には必ずそうしたものが存在するんだということを「認識」しておくだけでいい。で、それらについては徹底的にスルーでいい。

とは言え、春名風花ちゃんみたいに、脅迫レベルのものだったり物理的な嫌がらせを受けるような場合は、警察に相談したり、訴訟を起こすということも必要になる場合もあるだろう。

けど、そのための法整備が全く整っていないのは、それはそれで問題だし、今後の大きな課題であることに間違いはないよね。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT