今日は今日で別のネタでブログを更新しようと思っていたのだけど、ここに来て、まさかの訃報を知ってしまったので、急遽予定を変更する。

伝説のバンド「DEAD END(デッド・エンド)」のギタリスト「足立祐二」さんだ。

2020/06/16(火)に亡くなっていたらしい。56歳だったそうな。


Dead End - Shámbara - 1988 (Full Album)

割と最近「Giiles de Rais(ジル・ド・レイ)」のアルバムについて扱った際に、「間違いなくこのバンドの影響を受けているだろう」ってことでその名前を出した。

※関連過去ログ

http://blogrider.tokyo/archives/24980288.html

またそれ以前の話として、ぼくが影響を受けたV系バンドの人達は皆、このバンドを通ってきていることでも知られていた。

LUNA SEAのVo. RYUICHIなんて、インディーズの頃はMORRIEチルドレンだったし、他にもラルクや黒夢やJanne Da Arkら、彼らの影響力は計り知れなかった。

その中でもとりわけ、Gt. 足立祐二さんについては、HM/HRをルーツとしたギタリストということもあり、非常に技巧派としても知られており、特にJanne Da Arkのギターで奇しくも同じ愛称でもある「you」氏なんかは、その影響が非常に強い。

あと、過去ログでも取り上げたことがあるけど「SERAFINE」という曲は彼らの代表曲的なところもあるし、ぼく自身も非常に好きな系統で、特にGiiles de Raisなんかはこの系統の曲を何曲も作っている。

先日のレビューでも書いたけど、特にこの曲なんかではその影響が色濃く感じる。


 
そしてそれに影響されたぼくも、似たような曲を何曲も作っていたけど、終ぞ納得の行く出来のものは出来なかった。という話も、結構前に書いた気がする。

あと、同じくSERAFINEっぽい曲ってことですごく好きな別のアーティストの曲ってことで言うと、これは外せない。


FEEL - Shinkirou

「FEEL」というユニットの「蜃気楼」という曲です。ぼく、この曲大好きなんですよねえ。たまにカラオケで歌うし。当時この曲にも非常に強い影響を受けてました。

↓そしてこちらが、本家の「SERAFINE」


DEAD END - Serafine (1989)

まだ56歳という若さなのに、非常に残念ですね。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT