先日「給付金でフィットネスバイク買おうと思っている」という話を書きました。

※関連過去ログ
で、この中で2台あって、「¥18,313」のものと、「¥29,800」のもので迷っているということを書いたんだけど、色々悩んで決めたのはこっちでした。


 購入したのは「¥18,313」のほう


61NjTEghXCL._AC_SL1500_

こっちです。結局安い方にしました。

前回の過去ログでも書いたように、機能的には恐らく高いほうがいいと思うんですけど、あっちは「重そうで折りたたみできなそう」という懸念点があったため、いまのぼくの部屋に置くには、デメリットが大きくなってしまうなと感じました。

 組み立てはそこまで難しくなかった


Amazonのレビューを見ていると、海外製の製品のためなのか、組み立てのマニュアルが非常に分かりづらいという意見が散見された。

もちろん日本語でも書かれてはいるんだけど、確かにイラストが小さくて分かりづらい。

9ed1ecda-f553-498c-a94c-e9939e42520e

マジで終始このサイズで書かれているのみ。これを頼りに、組み上げていく。

4295fe81-b273-4175-98aa-c7fecf9aeddd

拡大しても分かりづらい。

で、分かりづらいから組み上げるのに1時間位かかったなんて人もいたのだけど、とは言え、「基本バラされている各パーツを、適したボルトで締めていくだけ」なので、組立自体は複雑ではない。

要は「どのボルトがどこに対応しているものなのか」がわかりにくいと言うだけ。

けど、それもなんとなくパーツを重ねた時に、「これだったらこの長さのボルトで足りそうだな」とかやってれば何となく分かると思うので、この手の作業に慣れている人や男性なら、さほど難しくはないと思う。

ただ、Amazonのレビューの中に「明らかにボルトが不足していた」という人もいたみたいなので、一応事前確認はしたほうがいいのかも。

あと、この差の作業をする時は、そうした「ボルト関係を事前にまとめておく入れ物」を用意しておくと、紛失防止にもなり、作業が結構スムースになります。ぼくは「紙皿」に全部空けました。

 別売りの「サドルカバー」と「マット」も購入。
 でも色々問題が。。。


「あわせて買いたい」でサドルカバーも表示されていたもんだから、つい勢いで購入してしまったんですけど、何をどう間違えたのか、別のメーカーのものを間違えて購入してしまいました。。。

81DqfvTiuXL._AC_SL1500_

ALINCO(アルインコ) フィットネスバイク用・自転車用 サドルカバー 低反発 クッション 負担軽減 サイズ調整可 サドル保護 【通常サイズ/大サイズ】


これ、ぼくが購入したフィットネスバイクとは異なるメーカーなんですよね。。。

なんで間違えるかねって話なんですけど、これ、どんなに頑張っても合わないので、完全に無駄な買い物になってしまいました。なので後日返品します。

で、これはまだ全然いいんですけど、問題はこのマットですよ。

81rApMCxj6L._AC_SL1500_
InField フロアマット エクササイズマット 防音マット 厚さ6mm 筋トレ トレーニング ストレッチ 衝撃吸収 床面保護 ゴムマット


商品名を見てもらえればわかるように「ゴム」なんですけど、新品過ぎて兎に角このゴム臭が半端なかった。

言うなれば「蒸したてほやほやのタイヤ」みたいな強烈なゴム臭で、初日はこれがキツすぎて軽く気持ち悪くなったくらいだ。

で、一晩経ったら大分軽減されたと言うか、ほとんど気にならなくなったので、初日だけ気をつけたほうがいいです。

なので、こいつを広げる時は晴れた日の昼間に窓を開けて換気しながらやったほうがいいかも知れません。

 とりあえず、めっちゃ静音だった


で、そんなこんなで、仕事中に軽く組み上げ、業務終了後の夜に残りをやって、延べ時間でおそらく40分くらいで組み上がっていざやってみたんですが、びっくりするくらい静音。というより、ほぼ無音に近かったですね。

なので、アパート・マンションの人でも、夜に気兼ねなく使用できるかと思います。

ただ、マンション等で2階以上のフローリングの人は、上記のマットがあったほうがいいでしょう。音はしないけど、振動は伝わっちゃうと思うので。

そういう意味では上記のゴムマットは、最初は臭いけど、まあまあ分厚くて柔らかいので、多分ちょっとした振動くらいなら吸収してくれるはず。多分、有ると無いとではぜんぜん違うと思う。

まあ、ぼくの場合、単純に「畳」なので必須だったわけですが。

 まとめ


購入して大正解。我ながらかなりいい買い物だったと思う。

購入前にも書いたように、これ「この梅雨の時期だからこそ」非常に有効性が高いと思うんですよね。加えて、漕ぎながら別のことも出来るので、「激減した読書時間を取り戻す」という狙いもあり、これに目をつけました。

そういう意味で、我ながら給付金の使い方の着眼点としては、非常に有意義だったと思っている。

マジでおすすめです!

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT