41B3DTGHKFL._AC_
●今日お誕生日の楽曲
2000年6月7日(20歳):浜崎あゆみ - SEASONS(16th SINGLE)


浜崎あゆみ / SEASONS

20年前の今日リリース。

ぼく、浜崎あゆみってあまり好きじゃなかったんですけど、この曲だけは別。これ本当にいい曲だと思う。

それもそのはずで、この曲を書いているのは、ぼくが好きな数少ないJ-POPのユニットである「Do As Infiity」の長尾大さんで、もう、完全に長尾曲というか、VO.をそのままDo Asの伴都美子の声に置き換えて脳な変換すると、完全にDo Asの曲になる。

ただ、「だから好き」というわけではなく、最初聞いた時に「浜崎のくせにいい曲歌ってやがんな。誰だ曲作ったやつ」って調べたら、長尾氏にあたったという経緯だった。

それまで浜崎あゆみについては別段歌が上手いとは思わなかったけど、この曲については意外とよく似合っている気もして、サビでの3度下のハモリも非常にいい味を出していると思う。

また、この曲は、当時の月9ドラマ「天気予報の恋人」の主題歌にもなっていて、そのドラマが割と好きでよく見ていたから、曲も好きになったという経緯もある。

ドラマは確か「佐藤浩市」と「稲森いずみ」が主演のラブストーリーで、確か佐藤浩市さんが「天気予報士」で、稲森さんが「ラジオパーソナリティー」みたいな役どころだった気がする。

このドラマ、視聴率がいまいちだったらしいけど、ぼくは割と好きだったんですよね。

というのも、これの前が「金城武・中山美穂・フェイレイ・宮沢和史(島唄でおなじみTHE BOOMのVo.)クドカン(役者として)」らが出演していた「2000年の恋」というドラマで、月9らしからぬミステリー路線だったんですよ。

でそれよりも更に前の時代は、いわゆるバブリーな「トレンディードラマ」みたいな華やかな感じだったもんで、そういうのに飽き飽きというか、そもそも毛嫌いしていたんですよね。

そんな中で「天気予報の恋人」は、割となんてことない「ほのぼのとしたの大人の恋愛」を描いていて、見てて疲れないし、何より当時稲森さんも、共演していた「深津絵里」さんがマックスで可愛いときだったので、それ目当てで見ていたみたいなところもある。

しかし、これ20年前ですか。。。早いなあ。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT