最近、ジャパニーズHIPHOPにハマりはじめまして、主にYouTube上で色々聞いているんだけど、このコロナショックによる星野源の「#stay_home」とかよりも、こっちのほうが好きやねんっていう曲をシェアします。


 1. 晋平太



どうしてもディスりたい相手がいるようです。

今から1ヶ月ちょい前、緊急非常事態宣言前の動画。

ビートが全然聞こえないのが残念ではあるものの、コメント欄でもさんざん触れられてるけど、「満員電車で咳き込んでる(席混んでる)」と、「このままじゃいつかなる大惨事(第三次)」とかすげえってなる。




100日後に消す動画

動画タイトルはTwitterで話題になった「100日後に死ぬワニ」のサンプリング(※)だけど、曲の内容はコロナショックについてのもの。

で、曲自体は宇多田ヒカルの過去のヒット曲「FINAL DISTANCE」のマッシュアップ。

原曲どんなテンポ感だったか忘れたけど、恐らくラップに合わせて宇多田ヒカルのヴォーカルの方を無理やりテンポダウンさせてる気がする。

トラックは、寂しげなピアノアルペジオが流れるLOWビートで、リリックは現状の社会の様相を嘆きつつもエールを送っているような、実に晋平太さんらしい内容。

安心の為に取った距離が壁を作り
恐怖に取り憑かれた人が人を差別する

距離をとることは壁を作る事じゃない
気をつけることは差別することじゃない

これは中々のパンチライン。

※サンプリング
 音楽用語的に言えば、既存の楽曲の音源の一部をコピペすることだけど、HIPHOP用語としての意味合いは少し異なっていて、「引用」としてに意味合いの時に「サンプリング」と表現する。


 2. NORIKIYO



【Lyric Video】NORIKIYO / だいじょうぶかぁ?

NORIKIYO(のりきよ)さんというラッパーによる、コロナをテーマにした楽曲。トラックはやはりここ最近のスタンダードと化したTRAPビート。

でもコロナそのものをディスってるわけではなく、どちらかと言うと政府に対するディスで、それどころかこの曲のリリックの何がすごいって、「コロナ」というワードを一切出してないところだと思う。

個人的なパンチラインとしてはこれ。

死んで眠ってる靖国にゃ
マスク2枚とか出す国は
どうやら命を安く見た
オリンピックより安く見た?

これ。ホント、その通りすぎると思う。

先日の会見でもそうだったけど、結局首相は国民一人ひとりについては「命」という個体の存在を想像しないで「n人」という「数」でしか見ていない。

だから「増えたか・減ったか」しか気にしてないし、それに伴う「円」の増減しか気にしてない。国の後手後手で愚鈍な対応や、オリンピックにこだわっている姿勢から、最早そういうふうにしか見えない。

せっかくのstay home期間なんだから、もっとこういう楽曲を無料配信する人が増えればいいのにと思う。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT