notv


ツイートもブログも、コロナ関連の話で持ちきりになりつつあります。

そんな中、先日「オンラインであらゆることがソリューション出来ることがわかって、みんなの意識も変わってきている」的な話を書いたわけです。

しかしそれに伴い、ここに来ていよいよ「まじでTV要らなくね」って言う気持ちが強くなってきたし、そういう人もきっと増えたと思う、っていうお話です。


●元ツイート
岡江久美子さんの遺骨帰宅を生中継、「恐怖報道」が医療機関を殺す理由 | 情報戦の裏側 | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/236180
トイレットペーパーパニックに火をつけたのもテレビだった。今、最も自粛が必要なのはマスコミではないだろうか。
https://twitter.com/sakumariko/status/1255624378194092037
●引用リツイート
ほんこれ

ぼくは以前から「TV不要論」を言い続けてきてたけどコロナショックでそれがより明確に浮き彫りになってる

リテラシーの低い人でさえもオンライン化せざるを得ない状況になり、でもそれで情報収集も含め大抵のことが事足りることがわかっただけに、マジで今TVの存在価値はゼロに等しい 
https://twitter.com/yusuke1006_t/status/1255658794241015808

いつも行くカレー屋さんでは、平日のお昼時は大体「ひるおび」を流しているんだけど、当然のことながらコロナの話題しかない上に、毎日毎日同じようなことしか話してなくて、話が一向に先に進まないというか、内容が一切アップデートされてない。

まあ、状況が状況だし、国の連中の対応が遅々として進んでいないので、致し方ない部分はあるけども、とはいえそこを差し引いても、TVでの各種報道って、ただただ無駄に不安を煽るようなことしか言わないし、映像はインパクト重視でしか選んでない。

「コロナ収束のために役に立つような在り方でいよう」なんていう気がTV・紙媒体業界にないのはもう明白じゃないですか。視聴率や売上が確保できればそれで十分としか思ってない。

だからこんな非常事態でも、こーゆーゴミみたいなニュースを流してしまう。

更にいうと、そのTVさえも各演者がリモートでやっている状況なので、単純に物理的に、ブロードキャスティングの手段として、地デジでやる意味がもはやなくなってる状況じゃないですか。

なら、TwitterやYouTubeでニュースをつまみ食いして、ホリエモンと専門家の対談動画を見るか、ビジネス系の動画を見ていたほうがよほど今後の対策になるし、役に立つよねって話ですよね。

マジで何度も言うようだけど、新聞やTV「しか」見ない人、というか、情報を受動的に受け取ることしかできない人は、コロナウイルス以前にゴミ情報と言う名のウイルスに侵されて、思考力やリテラシーがどんどん侵されていくだけだと思う。

そしてそれは大げさな話でもなんでもなく、いつか身を滅ぼすことになる。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT