unnamed

22年前の今日、天国へとリリースされた日本を代表するギタリスト。

ぼくは普段、例えばクリスマスの日にはクリスマスソングを聞いたり、桜の舞い散る季節には桜ソングを聞いたりとか、「今日はこういう日だから」みたいな理由で、自分の音楽チャンネルをチューニングすることなんてないし、そういうのはむしろ嫌いだ。

けど、今日はぼくの人生が狂わされたバンド「X」のギタリストHIDEことhideの命日だ。hideとチェスターの命日くらいは、その人らの作った音楽に改めて向き合ってみるのもいいかなと思ったので、久々に「今日のBGM」として書きます。


【作業用BGM】hide maximum mix

今日が命日ということで、YouTubeでhideの音源を探していたところ、こちらが見つかりまして。でトラックリストを見たところ、中々良くも悪くも偏ったリストで良いと思う。

個人的には「hide with Spread Beaver」よりも「Zilch」のときのほうが好きなので、「Space Monkey Punks From Japan」とか「What's Up Mr Jones」が入っているのは嬉しいところ。

あとは、Spread Beaverの前の純粋なソロ期の「DICE」や「D.O.D」も一時期カラオケでよく歌ってたなあ。D.O.Dなんて、もはや原曲のテンポじゃ物足りなくて、必ずテンポ+2くらいでやる。後半の英語でのサビがハイテンポだと気持ちいいんだ。

でも何より驚いたのは、「MISCAST」で、実はhideバージョンのものは初めて聞いたんだけど、自分の曲なのにめちゃくちゃぶっ壊してるのが非常に面白かった。

一応説明しておくと、「MISCAST」という曲はそもそもはXの楽曲で、メジャー2nd ALBUMの「Jealousy」に収録されてました。



X - 1991.08.06 - Miscast

ところが、ソロでのセルフカバーでは、歌詞はそのままに歌メロを大胆にいじってて、ほとんど別の曲みたいになってるのがすごい。なんんあら「Beauty & Stuipid」みたいだ。

これは正直度肝を抜かれた。かっこよすぎるでしょう。完全に「ソロのhideの曲」として何の違和感もなく溶け込んでいるのがすごい。

これ、同じような感じで「SADISTIC DESIRE」をやったらどうなったのか、聞きたかったなあ。

DcL177CVAAA5h_I

やはり、ぼくにとってのhideは「XのHIDE」のほうが強くて、SADISTIC DESIREのギターソロとか最高にかっこいいんですよねえ。それも、リメイクバージョンの方。ということで、上手い人が弾く、SADISTIC DESIREのギターをお聞きください。


X JAPAN - Sadistic Desire:Performance by yukki (gda03custom)

オケがカラオケなのが残念ですけど、やはりXの弾いてみた系ではダントツですね。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT