コロナウイルスによる緊急事態宣言以前から「#stay_home」が呼びかけられ、リモートワークも長期化しているところも多いと思うんですけど、何かお変わりありました?弊害とか。

ぼくは、全く無いですし、むしろ快適そのものです。


#オンライン帰省
いちいち「オンライン●●」っていうの鬱陶しいとは思うが、あらゆることがオンラインでソリューション出来るのはいいことかと

帰省も然りで、みんな紙や対面やLIVEを重要視しすぎよ

でもこれを機に「オンラインでも十分事足りた」ってのを認識するいいきっかけにはなってるよね

これ。

ぼくはこのブログ開設当初から「オンラインでソリューションできることは全てそうすべき」と主張し続けてきてたわけだけど、今頃になってようやくそれが一般的にも実感できるレベルになってきましたね。

で、おそらくみんな最初は「仕方無しに」オンラインでの会議やら何やらをやっていたんだと思うけど、やってみたら「あれ、意外といけんじゃん」ってなったんだと思う。

なので、そういう意味ではこのコロナショックって、「今まで当たり前に存在していたものが無力化された時の対処方法」の根本を見つめ直すいい機会になっていると思う。

そう考えると、ちょっと中2的な発想かもしれないけどこのコロナウイルスって、「神によって人類に与えられた超ハードな試練」なのかなというふうにも思える。

流石に「いい薬になった」とか言っちゃうと、それはそれで皮肉の毒性が強すぎるので、これくらいが丁度いいと思う。

第一、そういうふうにポジティブに捉えられないようでは、このような難局は乗り越えられないと思う。いや、この事態だけでなく、仮に収束した場合の未来についても。

要は「これからの時代をどうやってサヴァイブしていくのか」ということを、嫌でも考えさせられるというか突きつけられている訳だから。

「ピンチはチャンス」っていうのは要するにそういうことでしょう。

PINCH is CHANCE

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT