今まで生きてきて見聞してきた訃報の中で最もショックだ。生まれてはじめて芸能人の訃報で泣きそうになった。



「志村けんがコロナに罹った」という第一報を知ったときから、すごく嫌な予感しかしなかった。

けど、他の芸能人ががんに罹ったとかよりかは期待してもいて、きっと回復してくれるもんだと思ってた。

と言うよりも、彼が死ぬということが全く想像がつかなかった。

彼はぼくが小さい頃からずっとTVスターで、70歳という年齢が信じられないくらい若々しくて、ぼくが子供の頃からずっとその印象は変わってないから、80・90過ぎてもずっとこんな感じでいるもんだとばかり思ってた。

しかし、発表からわずか4日後とかに亡くなったというニュース。マジで言葉を失った。

2年前に、ぼくの敬愛するバンド「LINKIN PARK」のチェスター・ベニントンが若くして亡くなったときも凄くショックだったけど、その時と同じような、いや、それ以上のショックを受けて、頭が真っ白だ。

Twitterのトレンドを見ていたら、「この報道をきっかけに、改めて "ことの重大さに気付いた" ってツイートが多いけど、それじゃダメだろ!コロナのヤバさは以前から変わってない」などというマウントを取りたがる人が続出だった。

けど、この期に及んでまだわかってねえバカも多いんだから、それに比べりゃ100倍はマシだろって話。少なくともぼくにとっては、改めて考え直すいいきっかけにはなった。

なので、もう少し「家族と連絡を取り合う回数」を増やそうと思った。マメに連絡をとってちゃんと様子をうかがって、手洗いと睡眠と水分補給と体調管理を徹底していこうと思った。

それが自分たちに出来ることだし、誰かの死から何かを学ぶって、きっとそういうことだと思うから。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT