81+q4gmUb2L
フリースタイル・ラップの教科書 MCバトルはじめの一歩 - 晋平太

めちゃくちゃ面白かった。

 晋平太(しんぺいた)とは


bd2687bb6fbdd6ad6e1f6910db7c38e4

フリースタイルダンジョンとかのラップバトルやフリースタイル好きなら知っているであろう、ジャパニーズヒップホップ界屈指の技巧派(とぼくは思っている)ラッパーさん。

ひょんなことからYouTubeでその存在を知ったんだけど、彼を知る以前は、ラップバトルの野蛮でギスギスした感じとかが嫌いすぎて、フリースタイルラップには全く興味がわかなかったんですよね。HIPHOP自体は嫌いじゃなかったけど。

けど、プロのラッパー目線で語られる他のラッパーについての話だったり、フリースタイルダンジョンの解説だったり、という部分で彼自身に対して好感をもったと言うか、画面から「ああ、この人絶対いい人なんだろうな」というのが伝わってきたんですよね。

で、更にはこの人の地元が「埼玉県狭山市」ということで、まさにぼくが今住んでいる町だったりしたことで途端に親近感が高まり、次第に彼を通じてフリースタイルラップに興味を持ち、Amazonで見かけたので秒でポチったという次第でした。

 ヒップホップに対する考え方


印象的だったのが「はじめに」に書かれていた部分で、まず最初に「ラップには正解も限界もない」ということや、「ヒップホップは教わるもんじゃねえという考え方は、今の時代には合わない」ということをハッキリ言っていて、個人的には「おお!」ってなった。

ぼくもハッキリ言って「ヒップホップ=不良の文化」という考え方が大嫌いで、イマイチのめりこめない理由も、そうした排他的なところにあるし、ヒップホップが日本でまだアンダーグラウンドなカルチャーのままでいるのもそうした排他的マインドが根底にあるからだと思っている。

それどころか「だからこそかっこいいし、それがHIPHOPってもんだろ」という風潮が根強く残っている。

HIPHOPの理論的な部分についても、いわゆるストリート・ギャングスタ系のマッチョなHIPHOP原理主義者の人達からしたら、「HIPHOPはロジック(理論)じゃねえ」とか言いそうだけど、ぼくも晋平太さん同様、「今はもうそういう時代じゃねえ!」と思う。

それこそバンドをやっていた頃のぼくは、正にこうした「マッチョ思想」だったけど、今はHIPHOPに限らず、音楽を表現する上でのテクノロジーが発達し、参入のハードルが下がっている。

その上で、表現の幅も広がりに広がっているからこそ、もっと「ロジカルに学ぶ楽しさ」を得ることで、今後のさらなる発展に繋がっていくべきだと思う。

ましてHIPHOPなんかの場合、尚の事、ジャンルそのものが排他的なんだから、そういう古いマインドは捨てていくべきだ。

著者の晋平太さんは正にそう思っているようで、もっと子供から大人まで、だれでも気軽にヒップホップに触れて、フリースタイルを楽しんでもらいたいというマインドが根底にあり、そうした普及活動の一環として、この本を書いたんだと思う。

なので、まず「はじめに」のところで、そうした部分に強く共感出来たのが読んでいて嬉しかった。

 対話形式で読みやすい


やはり「読みやすさ」という部分を追求されているのか、登場人物が何人か出てきて晋平太さんが先生役となり、各所で解説していくという流れになっているので、非常に読みやすく、内容も入って来やすかったので、その点は非常にいいと思う。

また、各キャプションではちゃんと「ライミング(韻を踏んでいること)」していて、非常に面白い。

例えば「年齢制限?女性は不利?そんなわけないスタイルはフリー!」とか、「夢か願望持って韻踏め。伝わらなければ意味不明」とか。

内容についても、専門的な内容については極力噛み砕いてわかりやすく書いてあって、それこそラップのラの字も知らない人が読んでも理解できる内容になっている。

 過去のバトルについて


個人的に一番面白かったのがこれ。最初にR-指定とあたった2010年のUMBのラップバトルやその翌年のNAIKA MCとのバトルが文字で起こされており、これらはYouTubeで確認できるので、見ながら読むと面白い。

本人によって、バトルの解説がされていて、ラップバトルというのが決してその場の勢いだけじゃなく、ロジカルに情報処理されている部分もあって、非常に面白い。


【フル映像】R指定VS晋平太 + 晋平太の想い-2010 UMB


R-指定 vs 晋平太 #1【ADRENALINE 2019 FINAL】呂布カルマが解説!

特にこの2019のバトルが非常によくて、これを見て「これ二人共すごくいい人なんだろうな」って思ったし、こんなにピースフルでリスペクトと愛に溢れたバトルも有るんだ、というのが新鮮だった。

 R-指定との対談

最後にCreepy NutsのMC「R-指定」さんとの対談が載っており、Rさんも非常に好きなラッパーなので、興味深く読むことが出来た。

特に、先述の2010のUMB及びその9年後、2019年のバトル(上に貼ったやつね)での二人の関係性を知った上で読むと、非常に面白い。

 まとめ


この本の帯にRさんも書かれているように「フリースタイルのやり方を教えて下さい」って聞く前に、まずはこれを読め」というほどに、入門書としては適していると思う。

でも、経験者が読むには物足りないのかと言うとそんなことはなく、寧ろある程度齧っている人の方こそが、フリースタイルやラップそのものについて改めて考えさせられたり気付きを得られるのではないかと思う。

そういう意味では、未経験者にも・経験者にも、ラップに興味のある人・無い人にもおすすめできる本だと思う。



※画像引用元
 https://kai-you.net/article/42790
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT