b5016ef5-107d-4d56-8d93-868591f02169



まあまあ旨かった。

 注文したもの

b5016ef5-107d-4d56-8d93-868591f02169
  • チキンカレーセット@¥790
お初の店ってことで、ここは手堅く「チキンカレー」でいきます。

この店も、新所沢東口にあり、印度亭や少し前に訪れた「SAINO(サイノ)」の少し先にあります。

※関連過去ログ




ところが、先週・先々週の金曜日に実は訪れていたものの、表に看板は出ているのに何故か店に入れず、諦めてSAINO(2回目)に行ったという経緯がありました。

※店のチラシでは特に定休日については言及されていないし、看板は出ていたので、たまたま出払っていただけの可能性があります。

因みにアクセスとしては、新所沢駅東口(パルコ側じゃない方)を降りて、ロータリー左手側、交番横の通りを真っ直ぐ歩き、中華食堂の「日高屋」と、以前から何度も訪れている「印度亭」を通り過ぎ、コモディイイダの手前の右手角にあるので、迷うことはないでしょう。

 新所沢RAJA(ラージャ)のメニュー


11f8b418-97f3-4e3a-b13a-abfdb14c6c1b

メニューはかなり豊富なんですけど、メニューの写真を撮ったつもりで忘れてしましました。なので、ひとまず店頭配布されているチラシで。(実際はもっと種類が豊富です)

 新所沢RAJA(ラージャ)の「サラダ」


b8c03213-af61-4f75-ba91-08478cf2eeb9

まずはセットのサラダです。

ドレッシングは人参ベースの甘いやつで、ぼく好みのものでした。しかし、個人的にはきゅうりが好きじゃないので、これは早々と片付けました。

しかし特徴的だったのが、キャベツベースでまあまあ葉っぱも入っているものの、ほんのりスライスオニオンも混ざっていて、ドレッシングの甘みとオニオンのツンとした辛さがいい感じに混ざり合ってくれて、個人的にはそれがすごく良かったです。

 新所沢RAJA(ラージャ)の「ナン」


b5016ef5-107d-4d56-8d93-868591f02169

大きさはまあ普通ですね。

ここも、前回紹介した「渋谷のマンダラ」のように、ワンプレートで出してくるので、そこまで大きくはないです。

そして肝心の食感については、やはりここもクリスピー系で、香ばしさ優先といったところでした。この辺りも非常に渋谷のマンダラとよく似てるなと思いました。

お代わり自由なので、1枚おかわりしました。

 新所沢RAJA(ラージャ)の「カレー」


b3f2d388-412a-4d11-8e14-883fd2db730b

上に降り掛かっているのは、これは所謂「マサラ」的なスパイスなんでしょうか。でも「甘・普通・辛」の3段階で「辛口」で注文したんですが、そこまでの辛さはなかったです。

この手のインドカレーの特徴として、最初の口当たりは寧ろ甘いけど、後から辛さが追いかけてくるというのが特徴だと思うんですけど、正にそのパターンです。

でもちゃんとヒリつくくらいのホットさはあって、決して物足りなさは感じなかったです。クリスピーなナンとの相性も決して悪くはなかったと思います。

 まとめ


この記事のタイトルには【インドカレー】としてヘッダーを入れてますが、お店自体は「インド・パキスタン料理」ってことだからか、カレー以外のフードも非常に豊富で、タンドリーチキン付きのセットで¥1000を切るものもあるので、いずれはその辺りにも挑戦してみようかなとも思います。

ごちそうさまでした。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT