cd5c0188-0cff-4759-b6f9-e4bcccea83b3



まあまあ旨かった。

超久々に行ってきた。一時期よくいってたけど、多分ここ2年くらいはいってない気がする。

で、先週は自宅勤務の影響で、休みの日以外にもNEW GANESHAにばかり行ってたので、逆に休みの日くらいは、家からちょっと離れたところに行ってみようと思いたち、2日連続でいってきた。

 ニュームナのランチメニュー

img_1609

以前訪れた時とはセットメニューの構成に多少の変化があったよう。

一応食べログを見てから行ったけど、現時点での食べログに掲載されているメニューとは異なり、Aセットが1~5の中からしか選べなかったのに対し、今は1~10で選択可能となっている。

で、増税対応として、増税前は税込表示だったのが、今は税抜表示になってますね。なので、ちょっとだけ高くなってます。

で、日替わりは「たまごキーマ」ということだったけど、あえての「ポーク」を注文。NEW GANESHAのポークが異常に旨かったので、食べ比べてみることに。

 1日目:ポークカレー(辛さ3)


7ef2e882-3004-489d-8754-ae4b30046373

ランチセット@¥850(税抜)
+ サラダ、ソフトドリンク + スープ

まずそもそもこの店に久々に訪れた理由は2つ。

1. ナンを食べ比べ るため
2. 久々にインディカ米のライスを食うため

この2つだ。なので、まずはナンで注文した。だがその前に、まずはスープとサラダについて。

スープ


91e8afe4-2a61-4a1c-8dab-7fb551a9c27e

従来的に、セットメニューの中にスープは含まれていないのだけど、兎に角この日は死ぬほど寒かったということもあり、お店の人がサービスしてくれた。すごく助かる。

風味的には、以外にも市販の「わかめスープ」っぽい和風な醤油とか昆布ベースっぽい味わいで、そこにいくらかスパイスが効いている気がする、というような味。日本人が大好きな系統でしょう。


サラダ


cead48ea-03f9-4aa0-9ca1-454342487afa

サラダそのものは割と普通。よくあるインドカレー屋にあるサラダ。

味的にはNEW GANESHAのものに非常に近く、ドレッシングの甘みがいい感じで、結構旨かった。ドレッシングは人参をベースにスパイスを加えたという自家製のものらしい。

別途、大小のボトルで購入可能なようなので、気になる方は是非。

ポークカレー


7ef2e882-3004-489d-8754-ae4b30046373

これについては正直、NEW GANESHAのもののほうが比較にならないくらい旨い。だが、決してこいつがダメなわけではない。NEW GANESHAが旨すぎるのだ。

まず、ポークそのものは、ちょっと安い感じの小さめなポークで、正直物足りなさは否めない。そしてカレーそのものについては、味は決して悪くないどころか、寧ろかなり旨いほうなんだけど、兎に角甘い。

辛さ3で注文しているにも関わらず、「間違えたのか?」と疑いたくなるほど甘さを感じる。辛さ度合いでいったら、よその店の「普通」とか「1」くらい。大分、日本人の味覚にアジャストしてきている感が伺える。

ナン(プレーンナン)


cd5c0188-0cff-4759-b6f9-e4bcccea83b3

まず大きさとしては、NEW GANESHAやSPICE GAEDENに比べると、一回りほど小さめ。

そして肝心の焼き方については、結構クリスピー。サクサクした食感は悪くないし、非常に甘味はあって、旨いのは旨いんだけど、もう少しふわふわ感がほしかったところ。

このナンについては、渋谷のカンティプールのものに近い気がする。旨いけど、ぼく好みではない。

 2日目:たまごキーマ(辛さ3)


img_1610

実は前日にもナンはおかわりせず、その代わりライスを少なめでおかわりしていたのだけど、2日目だし、昨日でナンについては大体わかったので、今回は久々に「ライス一択」で行こうと思います。

なので、カレーについてはぶっちゃけ何でも良かったんだけど、今回はたまごキーマにしてみた。たまごについてはゆで卵が1/2個でした。1個丸々じゃないんですよねえ。ちょっと残念。

で、これも辛さ3で注文しているにも関わらず、しかもキーマなのにあんまり辛くない。なので、辛いのが好きな人は4か5で注文したほうがいいと思います。

風味としては、良く言えばわかりやすい味、悪く言えば単純で面白みのない味といったところでしょうか。インドカレー特有の多層的とも言えるスパイスの層の厚さみたいなものは感じられなかった。

まあでも、決してまずくはないし、どちらかと言うと旨いほうなので、全然文句はないしリピートできますけどね。

 ライス(インディカ米)


img_1611
※画像クリックで拡大

この画像に限らず、当ブログに貼っている画像はすべてクリックで拡大できるので、これについては是非拡大して見てほしいのだけど、まず、インディカ米の特徴として、日本米より粒が細長いのが特徴ですね。

でも所謂「ビリヤニ」ほど細くはなく、ビリヤニと日本米のちょうど中間くらいではないかと思う。

で、食感的には日本米に比べると水分量が少ないため、ベチャッとした感じはなく、粘りについても日本米よりさらっとしている印象。なので、口当たり的には非常に軽やかで、スルスルと入っていく感じ。兎に角軽い。

また、甘みについては、日本米の場合、その水分含有量から「噛めば噛むほど」な甘さがあるけど、それはそもそも口中の唾液と混ざり合うことで、いわば「甘味の自家発電」によるところみたいなところがある。

けど、インディカ米の場合、「そもそも米自体にほのかに甘みがある」みたいなところがある。なので、カレーとの相性も非常によく、たくさん食べても胃もたれすることがない。

これは偏に「水分含有量が少ないから」だと思う。

日本米は兎に角「水分量が多い」ので、粘りもあるし、大量に食べると胃にズシンと来る感覚がある(所謂重たい感覚)。ところがインディカ米の場合は軽いのでそれが殆どない。

ただ、お米だからか、血糖値はナンよりも上がり方は大きいようで、食べた後におやつを食べたくなってしまい、結局、この2日間で久々におやつを食べてしまった。

 まとめ


ナンについてはやはり、NEW GANESHAや渋谷のアヴァタールには及ばなかったけど、最近のインドカレー屋としては珍しく、インディカ米が食べられる数少ないお店ってことなので、数ヶ月に一度くらいのペースで通いたいなと思った。

あと、このお店は、インドカレーの店としては珍しく「スタンプカード」を発行しているお店なので、それだけでも通う価値は十分にあるでしょうw

更には、帰り際に「ここに来るのは今年初めて?」と聞かれたのでYESと答えると、なんとお店のオリジナルボールペン(ソフトケース付き)でくれたので、流石に驚いた。


img_1614

インドカレー店でここまでサービスが厚いというのはなかなかないですよね。しかも結構いいボールペンですよこれ。

家からだと正直ちょっと遠いんだけど、散歩にもなるので、やはり定期的に通おうと決めました。

ごちそうさまでした。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT