51Qgwz762HL._AC_
日清食品 無鉄砲濃厚豚骨ラーメン

まあまあ旨かった。
まあまあ店舗の味に近かった気がする。

390c9d17-6760-4421-8291-ff3bb342fb39

まあ、ぼくが行ったのは京都の総本店ではなく、中野にある店舗なんですけどね。

※関連過去ログ

 無鉄砲濃厚豚骨ラーメンの
 「カロリー&PFC」


95c21a4d-b895-4ef7-8d2e-fe34590bafae

内容量:102g
(麺:70g)
カロリー: 403kcal
タンパク質: 9.5g
脂質:11.7g
炭水化物: 64.9g
食塩:6.4g

ローソンで最初こいつを見かけた時、「無鉄砲って、あの無鉄砲?」と思い、カロリー&PFCをチェックしてみた所、だいぶヘルシーで驚いた。

タンパク質も割と高いし、カロリー全然高くないのもそうなんだけど、特にこの脂質。なんだ「11.5g」って。嘘つくんじゃねえよって話ですよ。

もし、ぼくが頭に思い浮かべている「あの無鉄砲(沼袋の)」と同じものなら、こんな低脂質であるなんてことあり得ない。

冒頭で過去ログ引っ張ってきてるので、詳細はそちらをご確認いただくにしても、実際の店舗の無鉄砲の豚骨って、まじで「こってり」なんていう生易しいレベルじゃないんですよ。

あれはね、こってりじゃない。「ぼってり」だ。まじで、スープの脂がすごすぎてボッテボテ。泥みたいなスープだったんですよ。旨いけど。

なので、店舗のスープについては、どんなに控えめに見積もっても脂質50gくらいはあったと思うんだけど、それがカップになったからといって「11.5g」にまで落とせるもんかねって話でね。

なので、割とマジで、途中まで「ぼくが知ってる無鉄砲とは違う店のやつだ」と思ってました。

因みにアレルゲンと原材料はこちらの画像を参照のこと。

b8c9c6ff-4fa4-4840-9c7c-eee5de9746e4

原材料名
e2dd7ecd-736d-462a-88f1-ebf0573f2706


 無鉄砲濃厚豚骨ラーメンの
 「かやく&スープ」

e85f4a80-174c-4947-af3f-30c9d5165eb8

マグ型なので、かやくは最初からINされてます。よく見ると粉末スープもINされてますね。

で、こちらは、蓋上貼付けタイプの液体スープです。

5b093536-3920-4079-92e9-f1b3e34b3618


で、このタレを入れる前のスープがこちら。

f06dbe35-df4a-4b7e-b382-18768cfa65c3

で、こっちが、タレを投入した後。いい感じに油が浮いてますね。

acd5840e-f651-4b46-a803-698fc1f137d2

ただ、この見た目は、実際の店舗の脂感とは似ても似つかないほどのあっさりさですね。見た目上は。

で、実際タレ投入後に啜ってみても、全然あっさりで、豚骨感なんか寧ろ皆無で、風味的には所謂「昔ながらの醤油ラーメン」とか「中華そば」みたいな感じだったんですよ。

ところが、1/3を過ぎた辺りで「おや?」と思った。

カップの底の方に何やらドロッとしたものがこびりついてるので、かき混ぜが足りなかったんだと思い、ちょっとしつこ目にかき混ぜてみたらあらビックリ。

みるみるうちに、店舗で食べたスープの「ボッテリ感」が増してくるじゃないですか。

なので、結果的には、風味的に店舗のボッテリ感を割と忠実に再現しようとしている感は伺えました。

 無鉄砲濃厚豚骨ラーメンの
 「麺」


a1e0c9d9-b6db-4353-95e2-2054f60a7563

「中細縮れのツルシコ系中華麺」でした。

ぼくはこれにも最初騙されたんですよね。一口目を啜ったときには、本当によくあるツルシコ系中華麺という感じで、割とぼくが好きな系統だったんですよ。

ところが先述のスープをかき混ぜてとろみが増してきたところで、麺の食感が店舗のものに非常に近くなってきて、ちょっとびっくりしました。

3f501991-0f6c-4e77-ab18-b697db6f235e

↑普通のツルシコ系中華麺だった頃。

店舗のものは、ぼくがやわで頼んでいたこともあるんですけど、元々がコシ弱のやわ麺で、麺自体もそこまで太くないので、実は案外食べやすいと言うか、麺そのものののどごしは非常に心地よかったりするんですよね。

そういう意味では、かなり近付けることに成功しているとは思いますね。でも、最初あまりにツルシコだったので、ホームラン軒みたいなノンフライ麺かとも思った。

それくらいツルシコで軽い口当たりとのどごしだったけど、ボテボテになっってから、麺もちゃんとどっしりとした感じになっててすごいなと思った。

 まとめ


なんやかんや、大分店舗のものを忠実に再現しようとしている感は伺えました。無論、あのギットギトぼってりさを完全再現というわけにはいかないけれども、スープを入念にかき混ぜたら、だいぶ近くはなりました。

あと、Amazonのレビューが辛辣すぎて笑ったw

とにかく臭い。部屋中臭くて子供が泣いた
子供が泣いたというレビューがありますが、誇張ではないかと。表題の通りドッグフード(ユーカヌバ(笑))の汁に麺をうかべた製品です。監修を受けたとありますが、再現したい所謂くさ旨い博多ラーメンとは一線を画す風味が創られています。よくこれ企画会議通りましたね。凄いです。罰ゲームにどうぞ。

すごい言われようw

でもぼくはそこまでくさみは感じなかったし、匂いもそんなに酷くはないと思いました。リピートするかと言ったら微妙ですけど、悪くはなかったと言うか、まあまあうまかったと思ってます。

というか、何度も言いますがこのカロリー&PFCバランスで、あの店舗の味を個々まで再現できたというのは称賛に値すると思います。味はさておきその技術はすごいかなと。

ごちそうさまでした。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT