81cTgzN4ALL
働き方 完全無双 - ひろゆき

まあまあ面白かった。

全体的な内容としては、この沈みゆく日本で生きていく上では「個人」が強くならんとダメだから、その為の「攻め方・守り方」をしっかり学んだほうがいいよ、という内容。

ここだけ見ると、所謂ネットビジネス系のインフルエンサーのツイッターを何人かフォローしている人にとっては、既知の内容とも言える。

しかし、彼独自の視点で語られているので、よくある「個人の稼ぎ方」とも違っていて、なかなか面白かった。

特に「ベーシックインカム」について割と力を入れて論じていたり、個人的になるほどと思ったのが、例えばニコ動やYouTubeで急にバズって有名になったりする人たちについて。

この人達の中でも「一番最初にバズった人たち」というところで言うと、別段飛び抜けた才能を持っているわけでもなければ、死にものぐるいで売れるための努力をしたわけではなく「たまたまそこにいたから」という所が、なるほどと思った。

もちろん今であれば、「YouTubeで稼ごう!」と決めたら相当努力して研究して、売れている人のマネをして、ってやるんだろうけど、割と早い段階で話題になった人たちというのは、たまたまニコ動時代からずっとやっていて、ブームが来たから売れたみたいなところがある。

それはぼくも感じていて、それこそ「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」や「フィッシャーズ」等、「ユーチューバー」の母数がまだ絶対的に少なかった上に、今ほどブームでもなかった時からチャンネル開設して、5年くらい前のYouTubeバブルに上手く乗った感がある。

もちろん、先んじてHIKAKINは有名になっていたし、そもそもは「ヒューマンビートボックス」でバズったのがキッカケではあるけど、じゃあHIKAKINが「ヒューマンビートボックス界の天才」かというと実はそうでもない。

ビートボクサーとして世界レベルで見ても超一流なのだとしたら、彼は今でも「ビートボクサー」という肩書でビートボックスし続けていただろうけど、今は「ただのユーチューバー」ですよね。

つまり、ビートボックスでバズって、その波にうまく乗った状態で上手いこと鞍替えしたってだけで、彼の今のユーチューバーとしてのスタイルが別段「すごい」というものでもないし、タレントでもないし、何がすごいというわけでもない。

たまたまうまく波に乗れて、それをキープし続けられているというだけのことなんですよね。(もちろんその上での彼のすごい部分というのも、あるにはあるんだけど)

話がそれかけてるので無理矢理まとめると、結局、努力だスキルだ才能だというのは、もちろんある程度は求められるけど、実際そこまで大きく左右するものでもないし、全く無いからと言って何も出来ないわけじゃないよね、ということを言いたいのだと思う。

要は「考え方」と「立ち回り方」さえうまく出来ていれば、働き方なんていくらでもどうにでもなるよねということだと思う。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT