数年前から「子供のなりたい職業ランキング」みたいなものに「ユーチューバー」がランキングするようになって何かと注目を集めてますけど、チョットこれについて考察したいと思います。



【悲報】日本の未来、完全に終わる
ENsMl6wUEAAjQmQ

これを見て「終わってる」だなんて、ただ憂いているようではダメでしょ。何故なら、終わってるのは子供じゃなくて大人の方だからね。

これをどう見るかは人それぞれだと思うけど、ぼくの見方としてはこんな感じ。

  • アメリカ
  ⇒かっこいい大人の象徴的な職業
  ⇒自分もカッコいい大人になりたい
  • 日本
  ⇒楽しそうな業界
  ⇒親みたいになりたくないから、こういう業界に行きたい

っていう風に見える。

要は「身近にカッコいい大人がいるか・いないか」の違いなのかなって。

きっと日本の場合、親や先生が「典型的なダサい大人」に見える上、ゲームとYouTubeくらいしか楽しみがないからこういうランキングになったのかなと。

なので子供達が未来に対して期待も希望も持ってない以前に、「日本の大人はダサい」と思ってるってことが根幹に有る気がする。

なので、大人はこれを見て「最近の子供は...」なんて嘆いてる場合じゃない。寧ろ恥ずかしいと思えって話。ぼくたち大人がかっこいいところを全然見せられてないってことだからね。

あと、これは大分前から言われていることだけど、ユーチューバーになりたい子たちって、YouTubeで「何をやりたいのか」というより、単に「ユーチューバーという存在になりたい」という風にしか見ていないんじゃないかという気がする。具体性がないから。

要は、自分のやりたいことを実現するための手段としてYouTubeを使うのではなく、「ユーチューバー」の華やかさに憧れているだけっていう。

これ、最近続々と参入してくるタレントユーチューバーにも同じことが言える。

カジサックや中田敦彦のYouTubeが成功しているのを見て、「YouTubeやべえな。やってみっか」なんつって、中途半端な気持ちで片足突っ込んで、実際「明確にやりたいことが無い」という状態でなんとなく始めちゃってる人のなんと多いことか。

なもんだから、内容がスカスカ&グダグダで全然面白くなく、本人も飽きちゃって動画数本だけUPして辞めるみたいな。草なぎ剛とか正にそれじゃないですか。

話がそれましたけど、何れにせよ、別に子供がユーチューバーに憧れるのはいいと思うんですよ。けど、どんなものであれ、まずは大人がかっこいいところを見せられないとダメでしょ。

かっこいい大人が増えれば、「ユーチューバーになりたい」ではなく「●●さんみたいなユーチューバーになりたい」になるんじゃないかなと。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT