EGmbXL6UEAcq-DU
Fate/stay night(2006)


いまいち。

長年に渡って支持されているシリーズの原点ということで期待していたが、思っていたほど面白いとは思えなかった。

 予備知識ほぼ皆無の状態で視聴


このアニメって、2006年からあるんですね。知らなかった。

まあ、ぼくが「とらのあな」でバイトしていた頃から人気タイトルということで、当時の職業柄、しょっちゅう目耳には入ってきてたし、ねんどろいどとかのフィギュアとか一番くじなんかは非常に売れていたので、名前だけは知っていたんですよね。

で、そんなに前から知っていたのに、今まで全く通ってこなかったので、アマプラでアニメを見るようになったのを機に、まずは最初から見てみようと思ったんですよね。

ところが、期待がデカかったからなのか、自分的には正直それほどでもというところでしたね。

 キャラとか絵柄とか


やはり2006年のアニメだからなのか、絵柄がものすごくチープであるばかりか、エロゲ感が半端なくて、そうなってくると主人公の「衛宮士郎(えみや しろう)」がなんなら「ゲイ」にさえ見えてきちゃって、なんだかなあという感じ。

EFCwZ1-UUAAkxdp

で、ただでさえゲイっぽいのにあの声なもんで、最初、士郎がすごく嫌いだったw

遠坂凛(とおさか りん)についても、キャラの見た目と名前だけは知っていたけど、声とか典型的なまでのツンデレキャラで、まんまエヴァの「アスカ」そのもの過ぎて、逆に気持ち悪いなとさえ思った。

img_1

確かに見た目はすごくいいんですけどね。

このアニメについては、寧ろ敵キャラの方が魅力的で、アーチャーとかギルガメッシュの方がかっこよかった。まあ、このあたりについては、画像を探しても「UBW編」のものばかりなので、そのレビューの時にでも書きます。

 ストーリーは「龍騎?」それとも「ガッシュ?」


ストーリー的には「仮面ライダー龍騎」や「金色のガッシュ」みたいな感じで、主人公自体にそこまで大きな力があるというわけでもなく、所謂「情熱系」で見ていてイライラさせられることも多々。

重苦しい感じでそれっぽい雰囲気はプンプンさせていながらも、なんか「聖杯戦争」とかそのあたりのバックボーンの描き方が中途半端な感が否めず、終始「ふーん...」って感じで、大きく感情移入できる感じではなかった。

 まとめ


とはいえなんだかんだ、今も尚続くシリーズ最初の作品であり、2006年産ということを踏まえると、きっと他の派生作品のほうがクオリティも高くて面白かったりするんでしょうね。

めっちゃ面白いかと問われると非常に微妙だけど、まあまあそれなりに楽しめはしたかなという感じですね。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT