M-1GP2019

2019年のM-1が終わりました。
少し前に書いた予想や見解も踏まえて、感想を書きたいと思います。


 まずは、2018の感想がこちら


といっても、ネタそのものについてというより「M-1そのものについての見解」になるんですけど。

※関連過去ログ


内容をざっくり説明すると、どのコンビも面白かったはずなのに番組の作りがクソすぎたってことに加え、笑神籤は「仕込み」なんじゃないかという疑惑をぼくは持ってます。というお話です。

 少し前に書いた、2019の予想的なもの


そして先日、2019の決勝進出者が決まった直後に書いた予想及び見解がこちらです。まあ、こちらは予想は予想でも、優勝者の予想ではなく、展開の予想だったんですが。


こちらもざっくり要約するとこんな感じです。
  • 優勝候補の「和牛」を始め、実力者たちが続々「準決敗退」という衝撃的展開
  • オール巨人イチオシで注目株でもある「からし蓮根」が優勝候補?
  • 「和牛」が敗者復活で上がってきてからの優勝、もしくは「決勝でからし蓮根と一騎打ち」の展開。
 ⇒いよいよ制作サイドの「意図的ななにか」がチラついて見える。

こんな感じでした。

「和牛が敗者復活で上がってくる」というのは、予想通りでしたが、それ以外は外れてますね。

 各コンビのネタについて


全曲解説的にやってみようと思います。

1. ニューヨーク「オリジナルラブソング」

M-1で歌ネタって結構リスク高いと思うんだけど、ぼくは非常に大好きなネタだったし、なんなら、今まで見てきたニューヨークのネタの中では一番好きだった。

ただ、それに対する屋敷さんのツッコミが、ライブのときよりも弱い気がしたのがちょっと残念。

これについては、審査員の松本人志氏も「笑いながら突っ込んでるのがあまり好きじゃない」と言っていたけど、でもぼくが気になったのは少し違くて、中川家礼二さんと同じ意見。

例えば「女子が共感するポイントの例」を挙げるところなんかでも、普段のライブのときだったら、もっと偏見に満ちた毒のある着眼点で例えると思うんですよね。でもなんかここでは「置きに行った感じ」に見えたのがちょっと残念。

でもネタそのものは、割とありきたりなのに、非常に面白かった。特に、終盤での「パプリカみたいな踊り」からの「PVの時の米津玄師」みたいな踊りとか、めっちゃ笑ったw

こーゆーとこなんですよ、ニューヨークの面白いところって。この、誰もが「ん?」ってちょっと違和感を感じてるけど、あまり言及されてこなかったところを拾い上げて、軽く小馬鹿にして笑いに変える感じ。

この毒性がもっと強かったら良かったのになというのと、やはりトップバッターという部分で薄くなってしまったのが残念。順番がもう少し後だったら、全体的に大分変わってたと思う。

2. かまいたち「1本目:UFJ、2本目:トトロ見たこと無い」

UFJのネタはYouTubeで散々見てきてたというのもあるんだけど、「あれ、このネタ昨年か一昨年やってなかったっけ?」って思ったら、昨年はポイントカードのネタで、一昨年は「怖い話」のネタだった。

で、よくよく調べてみたら、お正月番組でやっていて、正にダウンタウンの二人もその席にいたので、「M-1で見たことある」感があったんだと思う。

にしてもこのネタは鉄板ですよね。かまいたちの中で一番面白いと思う。

YouTubeでこのネタを探してみるとわかると思うけど、2017年には既にこの原型となるネタが出来ており、そこからかなりアレンジされて現在の形に至るんだけど、このネタやるなら2018年に見たかったですよね。

でも恐らく、2018には間に合わなかったんでしょうね。ぼくがこの形のUFJネタを見た動画が、恐らく2019年の正月番組っぽいので。



しかし、M-1ってピンマイクではなくセンターマイクで声を拾うらしいから、こういう風に舞台を大きく使うネタは結構不利というのを、NONSTYLEの石田さんかナイツの塙さんが言っていた気がするけど、問題なかったですね。

あと、今回のかまいたちに対する上沼恵美子氏の評論として「言ってることそれ自体は大したこと無いけど、それを4分のネタでここまで面白く出来るというのは、バラエティとかでのトーク力があるから」という旨の発言をされていて、そのとおりだなと思った。

実際、かまいたちは今回の出場芸人の中では最も成功している人たちで、それこそロケやフリートークにも定評があるので、そうした地盤が「ネタの安定感」にもつながっているんだと思う。

3. 敗者復活(和牛)「不動産屋さん」

やはり和牛も安定感は抜群だと思うんだけど、このネタについては、まあ面白いのは面白かったけど、2017年の「旅館」と「結婚式」があまりにも面白すぎたため、正直そこを超えられてはいないかなという印象。

特に、「物件を次々紹介していく」というネタにおいて、「誰か住んでる⇒家族で住んでる⇒紹介している本人が住んでる」という流れを受けての次のボケが「入る前に誰か住んでることが判明する」というのが、ボケとしてちょっと弱いかなと思った。正直このボケは必要なかった感。

とは言え、後半では一変してボケに対して割とテンション高めで乗っかってくるので、そのテンションまで徐々に上げていくためにもあと1個は必要だったと考えると、仕方ないのかも。

いずれにせよ、和牛の「後半に畳み掛けてくるパターン」は面白いですね。特にツッコミの川西さんがあーゆー乗っかり方をするネタ自体結構珍しいと思うので、和牛は毎年いろいろ変えてきてるところに、旨さを感じますね。

4. すえひろがりず「合コン」

第一印象として、今は亡き「海老一染之助・染太郎」を思い出した人は、自分も含め結構歳いってる人だと思うw

ただ、彼らのような伝統演芸である「太神楽(だいかぐら)」ではなく、「それっぽいスタイルと見せかけて実は漫才」という発想は新しいと思った。

しかも鼓まで持ち出して、古めかしい言葉遣いなのに、やっているネタは「合コン」というギャップが非常に面白く、ネタの中で言葉の意味がわからない箇所が出てきても、それをいちいち説明せず、展開の中で明らかにしていくのも上手いし面白いと思った。

言うなれば、スタイル的に言うと渋谷系チャラ男コンビである「EXIT」と、構造そのものは一緒なんですよねこれ。

でも、どうせやるならもっとブッ飛んだ感じで見せてほしかったと言うか、笑いの内容そのものが弱かったので、もっとそのギャップを見せつけてほしかったなと言うところですね。

5. からし蓮根「自動車教習所」

実は彼らの漫才を見るのはこれが初めてなんだけど、結構前にカジサックちゃんねるにオール巨人師匠がゲストで出た際にも、「注目している若手」ということでその名前は挙がっていて、それ以外の場所でも度々聞く名前だったので、結構期待していた。

――んですけどねえ、正直今回の決勝進出者の中では、ぼく的には最も評価が低くなりました。多少クスッとはしましたけど、殆ど笑えなかったし、TVで見る限りでの客席の笑い声も非常に小さかったと思う。

ネタの内容等についても、別段目新しさを感じなかったし、最近流行りの「ツッコミのワードセンスで笑いを生む」というわけでもなく、言っちゃえば「至って普通」のネタにしか見えなかったのが残念ですね。

松本人志さんは審査で「本調子ではない感じが伺えた」という旨のことをいっていて、それはぼくも恐らくそうなんだろうなと言う感じはしていたけど、多分彼らは「ネタのチョイスをミスったのかな」というふうにも見える。

6. 見取り図「褒め合い」

めっちゃ面白かった。昨年より確実に上手くなってる感があったし、途中ツッコミの森山さんが派手に噛み倒したときにも、咄嗟に「すみませんお昼、爆竹食べました」で笑いに変えるあたり、ベテランの風格さえ感じましたね。

更には、お互いが褒め合うと見せかけて罵り合いを交互に行って、色んなものに例えていくチョイスとワードのセンスがいちいち絶妙で、全部のワードが面白かった。


7. ミルクボーイ「1本目:コーンフレーク、2本目:モナカ」

どちらも面白いのは面白かったし、上手さも感じた。でも「M-1史上最高得点」というのは流石にちょっと盛り過ぎだろうと思った。まあ「盛る意味あるか?」って話ではあるけど、これそんなに面白かったですかね?

確かに面白かったけど、そこまでではないと思うんですよねえ。これだったらぼくは見取り図のほうが面白く感じた。

何より、本人たちが結果に対して「いやいやそんなわけないですよ~」って言ってるのが気に食わない。優勝した瞬間もそんなリアクションだったから「あ、この人達、売れないな」と思った。

8. オズワルド

まあまあ面白かったと思う。ただ、M-1の空気には馴染めてなかったと言うか、客ウケがあんまり良くなかったように見えた。

でも、審査員の評でもあったけど、ツッコミの人の声のトーンと突っ込み方が非常に良かったと思うし、ツッコミの人が自分で言っていた「しっとりと」と言うのが、言い得て妙だなと思った。

9. インディアンス「おっさん女子」

初出場組の中では、個人的に一番好きなコンビですね。このコンビは兎に角「テンポ」が良かったですよね。

漫才のスタイルやテンポ的な部分で「パンクブーブー」を彷彿とさせるものがあったようにも思いますね。それくらいの上手さは感じたし、他のネタも見てみたいと思った。


10. ぺこぱ「1本目:タクシー、2本目:電車で席を譲る」  

出てきた瞬間のツッコミの松陰寺さんの動きとかキャラが、あまりにもマンガ的で、見た目的にも「阿部サダヲがコントでやるホスト、もしくはV系バンドマン」にしか見えなかったw

で、OA上での客の反応を見る限りだと、そのキャラに明らかに引いてるし、ぼくも最初に見た時は「大丈夫かこれ。この空気で」って思ったけど、彼らのシステムを理解したらだんだん面白くなってきた。

何よりも、松本人志氏の言う「ノリツッコまないボケ」というか、一切ボケを否定しない「ツッコまないツッコミ」というのが新しくて面白かった。ものすごいポジティブw

でも、悲しいかなM-1の空気には馴染めなかった感は否定できないかなと。あらびき団とかで初見だったらめっちゃ面白かったと思うけども。

あと、本人たちもネタ中に言っていた「キャラ」という部分について、いみじくも2本目で既に新しさがなくなってしまったので、このパターンしか無いのだとすると、やはり今後は辛いのかなと。

面白かったけど、来年も出てくるかと言ったら微妙ですよね。なので、彼らのネタは、YouTubeで見たいネタだなと思った。

 まとめ


審査員が「今年はレベルが高い」って言ってたけど、正直ぼくには疑問だった。「それなりに面白いコンビは多かったけど、突き抜けて爆笑させられたネタがない」というのが、ぼくの今年のM-1の感想です。

恐らく来年は、今年準決敗退したコンビがまた上がってくる感じになりそうですね。あと、四千頭身は間違いなく上がってくると思ってる。てゆーか来てほしい。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT