ことあるごとにこのブログでも「TVオワコン」「いい加減、TVは滅びろ」的なことを言い続けてきているんだけど、オリラジ中田さんのこの意見が的を射すぎてて、TV業界のお偉方に爪の垢を煎じて飲ませたすぎる。



中田、テレビを語る…久しぶりにテレビの現場に行って感じた違和感とは?
中田敦彦の2nd YouTube

いやもう、ほんとこれ。
こうしてTVタレント(主に芸人)がYouTubeに流れていき、いよいよTVが死んでいくんだって話。

 TV局がアーカイブを残せば違法アップ・ダウンロードは
 発生しないしないだろって話


この動画のコメント欄はやはり、他のバラエティ系動画に比べて知的レベルが高いのか、割と参考になるコメントが多かった。

その中でも複数散見されたコメントで「それな」って思ったのが、「違法アップ・ダウンロードを止めさせようとしてるけど、そもそもTV局がアーカイブを残せば済む話だろ」っていうやつ。これ、ホントその通りだと思う。

結局の所、TVも音楽業界と一緒というか「CD」と同じ道をたどっていると言うか、もはやTV離れをしている原因は「つまらないから」ではなく、「必要がないから」なんだよね。

過去に「映画館不要論」みたいな個人的意見を書いたことがあったけど、それとも通じる。

※関連過去ログ

この「映画館不要論」の中でも書いているんだけど、「自分が映画の上映時間に合わせなきゃいけない」とかがすごく面倒だったりするし、巻き戻したり倍速再生とかも出来ないのがもう本当に面倒だし不便なんですよ。

 「決まった時間」に開始・終了するTVだからこそのメリット


この動画のコメント欄の中で、「決まった時間に始まり、決まった時間に終わる」というところで、一日のルーティンが調整できたり、気持ちを切り替えるためのいいきっかけになったりと、「生活習慣を整える」という部分でメリットだという意見もあって、これはこれでなるほどなと思った。

確かに言われてみると、TVってそういう側面もあるよなあと。

で、あれば、ニュース番組や何かの中継などの生モノ情報を扱う番組はTVでやりつつ、バラエティとかドラマとか、「鑑賞」を目的としたものやアーカイブに向いているものについては、ネットで配信するという風に棲み分けをすれば、どちらにもニーズは残るんじゃないか。

まあ、いずれにしても、TVがもっとネットに寄り添っていかない限りは、TV業界に未来なんて無いと思いますけどね。

動画の中でも語られているように、TVコンテンツがネットでシェアできないっていうのは、兎に角ひたすら「もったいない」以外の何物でもないと言うか、かなり大きな機会損失だと思う。

今って、サブスクリプションやらシェアリングエコノミーとかで「所有から共有の時代」とか言われて久しいわけじゃないですか。

それをこんな、いつまでもベンダーロックインみたいなことやってたって生き残れるわけないんだから、さっさと捨てるものは捨てて新しいものを積極的に入れていかないとダメだと思う。

TVというメディア自体が形骸化しているのだから、ネットを「倒す」のではなく「共存」していかないと。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT