作業用BGMとして、久々にBOØWYの曲でも聞きながらやろうかと思ってYouTubeを漁っていたら、この動画に出くわしました。

いや、BOØWYのカバーバンドは数あれど、ここまで忠実に再現したバンドはなかなか見たことがないですね。これはすごいw

なんか、大昔のめちゃイケで見た「オ室京介」を思い出したw



BOOWYのカバーバンドの動画がやばすぎ!!

元ネタはBOØWYの伝説的なLIVEである「CASE OF BOØWY」なんだけど、何がすごいって、カメラワークまで忠実に再現しようとしている徹底ぶりには舌を巻いた。

BOØWYのカバーバンドやモノマネをしているバンドはたくさんあって、特に氷室の真似をいている人はかなりいるものの、ここまで徹底的に元ネタの映像を再現しようとする人は見たことがないし、いてもここまでのクオリティで再現できている人は見たことがない。

なので、声真似や演奏や容姿そのものについての再現度は、別に高くなくてもいいんですよ。でも、声真似もかなり近くまで再現してて、ギターソロもちゃんと元ネタと同じアドリブフレーズと動きを再現しているので、最早文句のつけようがない。

なのでこの動画については「ここまで徹底的な再現を試みるというその挑戦意欲」が評価に値することだと思うで、そこを称えるべきだと思った。

でも大体この手の動画のコメント欄って、特にBOØWYはファン層が歳をとっている上、氷室・布袋はカリスマすぎるため、大体批判が多くなりがちなんだけど、この動画については好意的なコメントが多くて、こっちまで嬉しくなってきた。

ぼく、氷室・布袋・BOØWY関連動画のコメント欄、ぶっちゃけ嫌いでねw

大体この手のカバーとかモノマネ系って、何故か無駄に本家と比較して「本家のほうがすごい」みたいな頭の悪いことを平気で書いちゃうコメントが多いんだけど、この動画はそうじゃないのでいいですね。

以前から何度か書いているかもしれないけど、この辺りの「カバー・トリビュート論」を今度じっくり書きたい。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT