🏆M-1グランプリ2019 ファイナリスト🏆

12月22日(日)、令和最初の漫才頂上決戦に挑むのはこのコンビ!!

#からし蓮根
#ミルクボーイ
#ぺこぱ
#オズワルド
#すゑひろがりず
#ニューヨーク
#インディアンス
#見取り図
#かまいたち

#M1 #M1グランプリ
#決勝は12月22日👑 #午後6時34分から📺

これね。結構衝撃的ですよね。

まず、「見取り図」と「かまいたち」以外は全て「決勝戦初出場」ってのがすごいですよね。で、決勝常連だったり最有力候補が準決敗退っていう。因みに主な準決敗退はこちら。



敗者復活組だけでM1もう一回できる説

和牛
ミキ
アインシュタイン
四千頭身
金属バット
マジカルラブリー
天竺鼠
トムブラウン
カミナリ#M1グランプリ2019
いやほんとそれな。

てゆーか、決勝進出組の大半が初出場で、最有力の優勝候補である「和牛」や、以前から実力を見せつけていた「ミキ」「カミナリ」が準決敗退って。

正直、2018の笑神籤の順番といい、番組制作側の恣意的な何かを感じずにはいられないんですよねえ...

※関連過去ログ

※この過去ログの中盤から終盤にかけて、「出来レース疑惑」というか「ヤラセ」を疑う旨のことを書いてます。

結局、今回このようなメンツになった背景には「3年連続で同じようなメンツじゃ数字取りにくいからさ...」という感がチラついてしまうんですよねえ。

まあ「ニューヨーク」が上がってきてくれたのは、個人的には嬉しいけど、「今が旬」ってことで言えば「四千頭身」でしょうに。

※関連過去ログ
※ぼくはこの時点で、この人達は後々ブレイクするだろうなと思っていた。

こうなると、表向きの優勝候補は「からし蓮根」になるんだと思うけど、おそらく番組的に「最も熱くなるであろう展開」としては、「和牛が敗者復活して優勝」という流れ、もしくは「和牛が敗者復活してからし蓮根と決勝で争う」という流れではないだろうか。

2018の笑神籤による順番決めでラストを引いたときから、「あ、こりゃ全部込みでシナリオどおりなんだな」と個人的に確信したので、これ結構高い確率であり得るのではないかと思ってる。

とは言え、そこそこのお笑い好きとしては、ただただ普通に決勝進出したニューカマーたちのネタも見たいので、普通に楽しみでもありますけどね。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT