これな。

ぼくが以前から何度も言い続けていることだけど、改めて自分の考えを文章化します。というより、この問題については、定期的に書いていこうと思う。

以降の内容は、以前から繰り返し書いてきていることと同じ内容です。

dorei_kyousei_roudou


くどいようだけど、給料「以外の価値」を見いだせないなら、仕事に注ぐリソースは最小化すべきだし、「給料にすら」価値を見いだせないなら、最早そこで仕事をする意味すら無い。

そもそも、その仕事をするために生まれてきたわけじゃねえんだよって話なんだから。

で、こういうこと言うと「責任感が云々」とかいう人がいるけど、ちょっと待てって話。嫌々仕事をしている時点で、会社にも「自分自身にも」責任を果たしてるとは言えないと思うがね。

「職務遂行=責任を果たすこと」だというのなら、「健全な肉体と精神を最優先で確保すること」こそが大前提でなければ成り立たないはずだ。

その仕事が原因で、精神にも肉体にも支障を来しているということは、「仕事そのもの」もしくは「その仕事との向き合い方」そのいずれか、或いは両方に問題があるということになる。

日本人は「つらい状況を我慢して無理をすること=頑張っていること」だと考えがちで、戦後民主主義教育⇒高度経済成長期の頃のマインドが、まだ根強く染み付いてしまっている。

だが、もうそんな時代はとっくに終ってる!本質を見失うな!

仕事ってそもそも「生活のため」なわけだから、生活水準に達する給与さえ得られれば極論何だっていい訳だろう?

だから「楽な仕事を探すこと」や「仕事をサボること」は、実は何も悪いことではないとぼくは常々思っている。だってそれでお金もらえちゃってるわけだからねえ?

それが問題だというのなら、それはその考え方が問題なのではなく、それが成立しちゃってる会社や社会の仕組みそのものの問題でしょう。

そこに文句があるなら、一律的な月給制ではなく「完全出来高制」による成果主義にすればいいだけの話。けど日本はそういう会社が少ない。

だったら仕事選びは極力「楽なもの」を選ぶべきいう話なのよ。

なので「やりたいことが見つからない」という若者なんかは特に、「楽な仕事」とか「得意なこと」という視点で仕事を探したほうがいい。

そこで物足りなさを感じたなら成長し始めているってことなんだろうから、挑戦する意欲も湧くだろうし、そこで次のステージに行くほうが精神的にも楽。

仕事に対するやりがいだ何だってのは、その後の話だ。好きでもないことに、やりがいなんて見いだせるわけ無いだろって話なんだから。

※関連過去ログ

※画像引用元 
 https://www.irasutoya.com/
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT