他人に見せるためのオシャレではなく、自分が気持ちよくなるためのオシャレをする。他人に見せるための生活ではなく、自分が満足するための生活をする。

これこれ。本当の意味でのおしゃれってこういうことですよ。

 本当におしゃれな人は、異性の目なんて気にしてない



243efb37b8717fc504cab1d53f88eaf1_400



おしゃれに気を遣う人って、大体皆そういう思考(志向)だと思う。

なので、おしゃれしている人に対して「異性の目を気にしている」という人を見るとぼくは、「ああこいつセンスねえ奴なんだな」と思う。

もうこれは、ファッションに限らず、全てにおけるセンスの無さ故の貧弱な発想だと言っても過言ではない。

もっと言うと、自分の身に付けるものに対し、異性の目を気にしているという内はまだまだ全然ダサいと思う。

以前も書いたかもしれないけど、「流行を追いかけている人」はファッションセンスが有るとは言えない。何故なら、追いかけている時点で二番煎じ三番煎じだし。

それに、メディアが流行を取り扱って流行り始める頃には、その流行は賞味期限切れ間近の状態となっているからね。

何れにせよそもそもの話として「異性受けするファッション」って、大体どちらも「無難」ってこと多くないですか?攻めてないと言うか当たり障りがないというか。

本当の意味でのおしゃれなファッションて、大抵同性にしか受けないし更に言うと「同じセンスの人」にしか受けないと思う。

そもそも「流行を生み出す側の人」とか「先頭にいる人」って、周辺なんか見てないでしょ。だって誰もやったこと無いことをやってるんだから。結果的にそれが流行ってるのだから。

だから真のファッションリーダーはいつの時代も孤独で異端でしょ。


※画像引用元 
 https://bokete.jp/odai/113287
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT