本当は「ツイート2本つまみ食い」で紹介したかったんだけど、2本目を熱く長く書きなぐってしまったので、まずはこちらだけ。

09



上司「お前の作った作業マニュアルわからんわ」

僕「チンパンジーでもわかるように作ったつもりですが……」

上司「じゃあ俺はチンパンジー以下か!?」

僕「どこがわからないんですか?」

上司「ダブルクリックって何や」

CS職ををやっていて、ごくたまにだけどリアルにこういう人がいてマジで困る。

 おれ氏「うまく行かない場合はブラウザを変えてやってみてください」 
 客氏 「ブラウザって何?」
 おれ氏「 」

みたいなやり取りが、マジで過去に何度かあった。

その度に不思議に思うんだけど、よくその程度のリテラシーでサービスに申し込んで、お問合せフォームにたどり着けたなと。どうやってここまで辿り着いたのか見てみたい。嫌味とかじゃなく、マジで不思議なんだよ。

同様に、このレベルの質問をYahoo!知恵袋とかでしてる人も見かけるけど、逆にすごくない?一応、検索窓のすぐ上にリンクは貼ってあるけど、検索窓スルーしてそこをクリックする?

って思ってたんだけど、おそらく、能動的にWEB検索等をしたことがなくて、用意されているリンクの中でしかネット上で動いたことがないんだろうなきっと。

要は「提示されているもの」、もっと言うと「目に見えているもの」の中からしか情報を得ることが出来ないんだろうねきっと。「正解を探しに行く」という発想自体がそもそも最初から欠落していると言うか。

こーゆーのを目の当たりにするにつけ、インターネットを免許制にしろとまでは言わないが、最低限の教育は絶対必要だと思うんだよなあ。

スマホやPCを新規購入した場合に、せめて初心者向けに検索のコツ的なものを、動画等でウォークスルーするチュートリアルくらいはあった方がいい。「端末の使い方」ではなく「検索の仕方やコツ」についてのものを。

古典的なワンクリ詐欺とかにあっさり引っかかっちゃうのって、大抵こーゆー人だからね。

で、こーゆー超絶リテラシーの低い人を見て思うのって、「情弱」とか「低リテラシー」とか、もっというと「頭の悪い人」って要するに、「物を知らない人」のことではなく「考えることが出来ない人」のことなんだよね。

情弱になりたくないのなら、「まずは考える」という癖をつけようぜ。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT