41JKIvgK5AL._AC_
L'Arc~en~Ciel - 虹(7th SINGLE)

1997年10月17日リリース

23年前の今日リリース。
嘘でしょ。23年て。。。


L'Arc~en~Ciel「虹」-Music Clip- [L'Arc~en~Ciel Selected 10]

このブログでは実は結構ラルクのことについて書いている記事が多かったりするんだけど、「実は生涯通じてメチャクチャハマり倒したバンドである」と言うわけではなく、ハマっていたのは実はごく僅かなある一時期のみだったりします。

入り口としてはこのブログのこのカテゴリでも紹介していて、「風にきえないで」とか「Flower」とか「Lies and Truth」だったりする。そして、同じような入り方をした人もきっと多いと思う。

何しろ、この曲めっちゃ売れましたからね。で、以前にも書いたことがあると思うんですけど、「メンバーが不祥事を起こして活動休止になったバンド、復帰して売れる説」ってあると思ってて、ラルクも正にここに当てはまると思います。

※BUCK-TICKしかり、ONE OK ROCKしかり。

この楽曲は正に、それまでのドラマーであるsakura氏が逮捕され活動休止となり、その復帰のシングルで、そこにサポートドラマーとして元DIE IN CRIESのyukihiro氏がさんかしているということで、ぼくとしては大分テンションが上ったのをよく覚えている。

※故に、このシングルはラルクの中で唯一メンバーのクレジットが3人だったりもする。

でもそれからすぐにyukihiro氏が正式加入してアルバムもリリースされるんだけど、そのときにも書いたけど、そのアルバムはバンド始めたての頃だったこともあって、死ぬほど聞きまくった。

それにしても、本当にラルクとyukihiroさんのドラムスタイルってマッチしているなと思う。この曲なんて特に。

これ、skaura氏だったらもっと重たくなっちゃって、おそらく相当しつこい印象の曲になってしまっていたと思う。

いずれにしても、メンバーの不祥事という憤りや悲しみを乗り越えて、バンド名と同じ意味を持つ言葉を曲名に持ってきたというところに、ある種の覚悟のようなものを感じるし、それでいて歌詞の中で「虹」という言葉を使わないところに、何かしらのこだわりも感じる。

ラルク屈指の名曲だと思います。

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT