31WAbe98zlL._AC_
L'Arc~en~Ciel - forbidden lover(14th SINGLE)
1998年10月14日リリース

●収録曲
  1. forbidden lover
    作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano
  2. 花葬 -1014 mix-
    作詞:hyde / 作曲:ken / リミックス:yukihiro
●MEMO
  • 2週連続シングルの第2弾(第1弾は「snow drop」)
  • 本作が、ラルクにとって最後となる「8cm CD」
21年前の今日リリース。

こーゆー曲も平気でシングルに持ってきちゃう、当時のラルクの柔軟性って、本当にすごいなあと感心する。

 1. forbidden lover

作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

L'Arc~en~Ciel - forbidden lover live

Ds. yukihiro氏の、曇天を思わせるような重たげなマーチングスネアから、更に不吉さを醸し出すアルペジオの後にVo. hydeの歌が入るわけだけど、この曲については手数の多いyukihiro氏としては珍しく、非常にシンプル。

yukihiro氏の代名詞とも言える、キャノンタムを駆使した目まぐるしいほどのテクニカルで軽やかなタム回しもなければ、シンバルワークも必要最小限に留められている。

そればかりか、決してアッパーテンポな曲ではないのに、終始マーチングスネアと4つ打ちのキックによってリズムキープが一貫しており、これこそがこの曲の不気味さを、より一層際立たせていると言っていいと思う。

この頃のラルクって、作曲の比率がBs.tetsuの方に寄り始めていた時期であると同時に、Gt.kenの楽曲についても、この手の暗めなミディアムテンポというのが増えてきた頃でもありますね。(HEART収録の「fate」とか)

で、kenの楽曲って個人的にはそんなに好きではないのだけど、でも以前にも別の曲のときにも書いたと思うけど、ぼくはこの頃のラルクは最も好きで、この楽曲や先述の「fate」については非常に好きな曲ですね。

kenはこの手の暗めのミディアムテンポの曲に良曲が多い印象ですね。

 2. 花葬 -1014 mix-

作詞:hyde / 作曲:ken / リミックス:yukihiro


L'Arc~en~Ciel 花葬

これも同じくGt.ken氏による暗めのミディアム代表曲で、シングル化もされている。本作に収録されているのは、それをDs. yukihiro氏がリミックスしたもの。

※関連過去ログ
http://blogrider.tokyo/archives/13814254.html

リミックスバージョンのものについては動画が見つからなかったので、オリジナルのライブバージョンで。

で、楽曲については上記過去ログで既に色々書いているため、書くことはありません。

あえて同じことをもう一度書くことがあるとすれば、この曲は、ヴォーカルがすげー難しいってことですね。カラオケで歌うのは、よほど自信がある人以外はやめておいたほうがいいでしょう。

forbidden lover
forbidden lover
posted with amazlet at 19.10.13
hyde Hajime Okano yukihiro
キューンミュージック (1998-10-14)
売り上げランキング: 150,065
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT