今回は、このツイートをピックアップして、引用リツイートを連投したので、それをそのままコピペするという手抜き更新です。

「しなきゃいけない」と強制された人は、いつか他人にも我慢を強要するようになる

これな。

コレこそが正に「俺達が若い頃はもっと大変だった理論」の根源。時代の流れに追いつけない人は皆こうなるのよね。

こういう人に限って決まって「苦労は買ってでもすべき」とかいう世迷い言を宣うのだけど、言葉の意味を完全に履き違えるから老害にしかならないのよね。

明らかに不要な労働で体力や気力が削がれることを「経験」だなんて言葉で正当化して、「苦労は買ってでもすべき」とか寝言言ってんじゃねえぞハゲって話。

「買ってでもすべき苦労」なんてねえっつうのw

苦労してきた人間のほうがその後の経験に活かされるし、人生に深みが出るというだけの話だろうに。

成功者は皆須らく「昔、何らかの形でお金に困った・苦労した」っていう経験が背景にあるから、「その状況を打破するために人一倍頑張った」って話なんだよ。

自ら望んで苦労してる訳じゃない。望んですべきなのは苦労ではなく「努力」の方だ。寧ろ「今後の人生で苦労しないための努力を惜しむな」というのが正解。

要するに忍耐や苦労を美徳とする考えって、「そう思わないとやってらんないから」ってだけのもんでしょどうせ。

だから時代が流れて、自分より若い世代が自分の頃とは異なる方法でトントンで成功するとムカつくって理由で、同じ忍耐・苦労をさせようとする。

忍耐・苦労なんて無い方がいいに決まってるっての。

×苦労・○努力

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT