423064
Re:ゼロから始める異世界生活

なかなか面白かった。


何の予備知識もないまま見始めた「リゼロ」を見終わった。

特に詳しい説明や前フリがないまま、主人公「菜月昴(ナツキ・スバル)」が、コンビニ帰りに突然、異世界に転送されるというところから話が始まる。

主人公は引きこもりの高校生らしく、その手のゲームやらを散々やってきているとかで、割とすんなりその状況を受け入れて、ハイテンションなまま始まりの街を彷徨っているところが何気に斬新で面白いと思った。

ところが、スバルには「死に戻り」と呼ばれる「タイムリープ能力」が備わっているらしく、異世界で何度も殺されては、何度も復活をする。

しかしそのことを誰かに話そうとすると、見えざる手に心臓を握りつぶされそうになるという理由から誰にも話せないという設定。

だが、そうした状況で簡単に周囲にそのことを打ち明けられないことで、このまま行くと不幸になってしまうというのがわかっている中で、それを変えようと必死になるがあまりの、中盤でのスバルの身勝手な行動や言動には流石にイライラさせられた。

しかし「バカ&ポジティブの情熱だけで全てを乗り切る」というご都合主義的な描き方をしておらず、何度も死んで何度もしっかり打ちのめされて、しっかり挫折して、しっかり病んで、最終的に落ちるとこまでトコトン落ちた上で立ち直る。

という、その過程をしっかりリアリティーたっぷりに描いていたことには好感が持てた。

なんていうか、この辺りのスバルの精神状態の描き方とかがあまりにもリアルすぎたし、話自体もかなりヘヴィな展開で、途中、割と気分も悪くなったりしたが、この辺りも含め、スバルを徹頭徹尾「普通の人間」として描ききったところがすごいと思った。

でも結局、原作自体が終わってない作品だからということもあって、スバルが何故異世界に転送されたのか、といった説明なんかが結局最後まで不明なままだったのがちょっと残念。

あと、序盤に登場した「フェルト」や「腸狩りのエルザ」が途中から一切出てこなくなってしまったのも残念。

だけど、なんだかんだトータル面白かったと思う。2期もやるみたいだし、今後が楽しみ。

さてさて、次は何のアニメを見よっかなあ。

 
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT