痩せたい人ほど【太るしメンタル病む】という事実

これ分かる気がする。かつてのぼくもそうだった。

痩せなきゃという焦りと、でも食欲に抗えないジレンマに「加齢」が加わって、年々痩せにくくなってきて、そのストレスでまた太るという負のループ。

DaiGo氏が著書「ウィルパワーダイエット」の中で「ダイエットは心理戦」と言っていたけど、本当にその通りだと思う。

どんなメソッドであろうとも「メンタル」や「マインドセット」がしっかり固まってないと、途中で折れてしまう。

※関連過去ログ
http://blogrider.tokyo/archives/15313516.html

ぼくが半年以上に渡って減量を継続し、12kg減もできているのは、正にこの「メンタリズムによってセルフコントロールがうまく出来たおかげ」だ。

※↑しれっと「12kg減」って書きましたけど、このブログで経過報告をっ買うのをすっかり忘れていましたけど、まだ減量は継続しており、既にそれだけ減っています。今度詳細書きます。

「無理・我慢はしない」という方法じゃないと継続は困難だし、折れたときにタガが外れてヤケ食いしてしまう。

上記過去ログにも書いたけど、肥満大国アメリカの調査結果では「減量を試みた人の95%は失敗する」と言われており、その理由は正に「メソッドや結果に執着するがあまり本質を見失うから」ということだと思う。

※「目標体重に到達した時点で終了してしまうから」というのもある。

「短期間で痩せようとする行為は借金と一緒」って誰かが言ってたけど、それって要するに後々、高金利での返済を強いられ首が回らずリバウンドするってことなんですよね。

 まとめ


ちょっと話が横道にそれてしまったけど、要するに「痩せなきゃ」って焦れば焦るほどストレスが貯まり、そのストレスによって食欲が増幅するって話。

減量って、やはり精神的に余裕のある状態じゃないと出来ないですね。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT