SunsetBeach
■お題:どこ行く?何する?夏休み!2007!!


昨日分のブログの更新を忘れかけていたので、慌てて12年前のお題を引っ張ってきた。ということで、例によって「何処にも行きません」というのが正解。

厳密には「仕事に行く」という感じだし、ぼくにとっては「夏休み=仕事」だ。

という話をするとよく「かわいそうに…」とか気の毒がられるんだけど、いやいやいや、逆だよ?って話。気の毒なのは間違いなく君たちの方だよ?と。

ぼくから言わせれば、夏休みに遠出するって方がどうかしているとしか言いようがない。

 ぼくの場合、世間の休みの日は基本的に仕事


幾度となくこのブログで書いてきていることだと思うんだけど、ぼくは好んで「土日祝出勤」をしている。「GW・SW・盆暮れ年始等」も例外ではない。理由はいくつかある。

1. 通勤ストレスの軽減


b2be24c8

これはかなり大きい。

とは言え、仕事は10時始業なので、通勤ラッシュピークを過ぎた時間帯(9時台)というのは、土日祝は寧ろ混みやすかったりもするのだけども。

しかし、ど平日の通勤ラッシュに比べれば大分マシなので、これだけで朝の気分は大分軽くなる。

2. 出勤している人が少ないので、オフィスが静かで広々


KONICAMINOLTA-239-660x440

これもかなり大きい。

広いオフィスに人がたくさんいるというだけで、やはり気を遣うし落ち着かない。あと、ぼくは会社ではフリーアドレスなので、平日だと面積の小さいスタンディングデスクで仕事している。

でも土日祝なら、基本「会社そのものは休み」という扱いなので、会議室等を予約することなく占領できる。マジで超快適な空間で仕事ができる。

ま、ぶっちゃけだいぶサボってますけども。

3. 平日が休みになるから、何処に行っても「空いて」いる


IMG_8164-1024x683

この場合の「空いて」は「あいている」と「すいている」両方の意味だと思ってもらって構わない。ま、「あいている」の場合「開いている」が正しいのだろうけど。

土日祝に休みをとってしまうと、出かけようにも「混んでいる」か「閉まっている」のどっちかであることが非常に多くてイライラしかしない。

ほんと、前々から何度も言っているけど、GWとか盆暮れとか、行楽シーズンに休みをとったり遠出する人ってみんな頭悪過ぎじゃないかと思う。

まあ、そもそもの原因は「何処の会社も、足並み揃えて休むから」ってのがあるから仕方ないんだとは思うけど、もういい加減、そういう非効率的な休み方やめません?って話。

休むなら休むでどーんと1ヶ月位休業期間にするか、ずらして取れるようにしろよって話。

いや、そもそもの話、未だに色んな会社が「出勤前提」ってのがあるから、巡り巡ってこういう問題を生み出しているんだろうなきっと。

最初からテレワーク可な環境だったら、好きなタイミングで帰省して、そこで仕事しながらでも十分夏は満喫できるだろうに。

マジで、このクソ暑い中、民族大移動をしている家族連れを見る度「コイツラみんなバカじゃないのか」としか思わない。かえって疲弊するだけだろそんなもん。

 そんな中で行ったところは「ネットカフェ」


IMG_0213

唯一ぼくが出かけたところは、買い物も兼ねて訪れた隣町の「ネットカフェ」だ。(画像は系列の別の店舗のものです)ほんと、マジでここくらいしか行ってない。

それも、必要にかられて出かけた。

というのも、ぼくの部屋は何年も前から空調が死んでいるので、冬はまだいいのだけど、夏が本当に地獄で、リアルに「蒸し風呂状態」になる。

大げさな比喩などではなく、リアルに頭がボーッとしてきて、暑すぎて何も出来なくなる。なので、ポータブルHDDを抜いて、ネットカフェに逃げ込んでブログを書いたり、いろいろな作業をした。

しかしその際に、ポータブルHDDが死んだっぽくて、その後非常に大変だった。その件については、後日また長々と書くことになるだろう。

 まとめ:結局ぼくには「夏の思い出」なんて
 特別なものは不要ってこと


20180825_01

夏に限った話じゃないんだけど、ぼくは子供の頃から、やれバレンタインだ花見だ花火だハロウィンだクリスマスだといった行事ごとに、ことごとく興味関心が薄い。

というのもあるし、四季を通じて夏が一番嫌いということもあるので、ぼくは夏に何一つ求めてなど居ないのだ。

だから世間が夏だのなんだのって騒げば騒ぐほど、「ばかなんじゃないのかな」と、どんどん白けていく一方なのだ。故に、夏に思い出なんてものは不要なのだ。

第一、花火やったり海やプール行ったりといった「夏の思い出」なんて、ガキの頃に散々作ってきたじゃないかって話。

風情だ何だなんていうものにそもそもの興味関心が希薄なぼくにとっては、その頃の思い出だけで十分お腹いっぱいだ。

でも、今年の夏は悪くなかったかもしれない。何故ならクソ暑い日が少なくて済んだから。毎年こうならいいのに。

てゆーか、夏なんて滅べばいいのに。


※画像引用元 
 http://www.akb48matomemory.com/archives/1063827490.html
 https://www.konicaminolta.jp/business/solution/space-design/blog/?p=477
 https://cafe-sheep2.com/blog/starbucks_morning_recommend/
 https://www.kirinavi.com/content/jiyuukuukan_kajiki/
 https://www.kyocera.co.jp/social/topics/20180825-1/
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT