昨日、「【JUGEMお題】漫画のドラマ化について語って下さい!」というエントリにて、アニメ実写化の是非等について語った。



その中で「個人的に実写化してほしい作品」について書き始めたら、思いの外長くなってしまったので、エントリを切り離します。

ぼくが個人的に実写化してほしい作品は、いまドはまりしている「PSYCHO-PASS」というアニメでして、それについて、ネット上の既存の情報と併せて、自分の見解についても書いてみました。

よろしければ「続きを読む」よりどうぞ。


 個人的に実写化してほしい作品


ぼくが今、めっちゃドはまりしているアニメ「PSYCHO-PASS」は、是非実写映画化してほしいなと思っている。

冒頭に貼った画像は、正に「PSYCHO-PASSを実写化したらこんなキャスティング」というのを想像した人の動画のもののようなんだけど、これめっちゃわかる!一応、もっかい貼りますね。

4646139


主人公:狡噛慎也(こうがみ しんや) ⇒ 藤原竜也

71qwmc7stkL-tile

ちょっと見た目が若くなっちゃう感じはするものの、それでも藤原さんって、この手の「頭のキレる役」とか、「1つのことに病的なまでに執念を燃やす役」とか、「獣的な猟奇性・凶暴性を内に秘めた男の役」とかを結構演じてきているじゃないですか。

そういう意味では、狡噛の雰囲気とか非常にに近いものがあると思うので、非常にいいですよね。

でも個人的には「ワイルドでフィジカルの強さやタフネスさ」が彼の特徴だとも思うので、そういう意味だと、藤原竜也さんだと、若干パンチが弱いと感じてしまうところもある。そもそも悪役のほうがハマってるっていうのもあるし。

個人的には ⇒ 小栗旬

oguri_syun-20170707095354

なので、その点を加味するならば、「小栗旬」さんは結構いいと思う。クローズZERO以降、汗臭さや泥臭さを感じさせる「漢」って感じの役が増えている気がしたので。

というより、古くは月9ドラマの「東京DOGS(2009年)」や、テレ朝の「BORDER」、映画「ミュージアム」などで刑事役経験豊富だし。

常守朱(つねもり あかね) ⇒ 本田翼

8bb7b3f6-tile

これは完全に見た目先行なところはありますけど、でも悪くないと思う。実写の方は、もうちょいロリっぽい感じでもいいんじゃないかという気もする。一応、1期での登場時は「20歳」だし。


でも実際に20歳の子でキャスティングしようとすると、どうしても実年齢より若い子の方に行きそうですよね。特に、グループ系アイドルの子に焦点が当てられそう。

そう考えるとこれくらいのバランスでもいいのかもしれませんね。

宜野座伸元(ぎのざ のぶちか) ⇒ 亀梨和也

c4d0b9f2d64d84f58f0e88134858ad7b-tile

これはものすごいドンピシャだと思う。見た目的にも雰囲気的にも。


特に亀梨さんは、ぼくの印象だと、2009年のキムタク主演のドラマ「Mr. BRAIN」での「知的なんだけど影を背負った役」が非常に良くて、その印象が非常に強いので、割とそのあたりが宜野座さんに近いかなという気がする。

征陸智己(まさおか ともみ) ⇒ 役所広司


chara_psycho-pass_07-tile

これもすごいドンピシャ感。見た目先行なところはあるけど、役所さんの征陸役は絶対ハマると思う。いぶし銀感がすごいもの。


縢秀星(かがり しゅうせい) ⇒ 菅田将暉

character_tv105_main_sp-tile

これもなかなかいいですね。ちょっと不良っぽさやトガリ具合に物足りなさを感じてしまうところは否めないものの、雰囲気は非常によく出ていると思います。

個人的には ⇒ 三浦涼介

ぼくだったら、菅田さんもいいんですけど、縢秀星というキャラの見た目とかも考えると、「三浦涼介」さんのほうが、より縢に近いかなという気もしますね。

275df8b9993fc445d0a86d5e2a8c37fe


六合塚弥生(くにづか やよい) ⇒ 西内まりや

lqip-tile

うーむ。これはちょっとどうなのかなという感じ。まあ、西内まりやさんのことをほとんど知らないからというのもあるんだけど、ちょっとピンと来ないですね。

個人的には ⇒ 栗山千明

むしろぼくは、六合塚さんについては、ベタかもしれないけど「栗山千明」さんかなと思いますね。前髪ぱっつんだし、無表情だし。

8d29fc945da61602476b0aabeee8434a

それに、1期終盤で唐之杜志恩と、女性同士の肉体関係があることを示す描写も出てくるんだけど、そういう意味でも、レズビアンあるいはバイセクシャルといった性癖も持ってそうな雰囲気もあるし、こっちのほうがしっくりくると思うんですよねえ。

唐之杜志恩(からのもり しおん) ⇒ 米倉涼子
character_tv209_main_sp-tile

これはさすがにちょっと違うんじゃないかなあ。確かに雰囲気的な部分で分からなくはないけど、にしても米倉さんではちょっと年齢いきすぎちゃってる感。

なので、モデル系の人よりかは現役もしくは元「グラビアアイドル」のほうがいい気がする。

現役モデルあるいはモデル上がりの女優さんって、キレイではあるんだけど唐之杜さんのような、娼婦的なセックスアピールさが物足りないと思うんですよね。清楚的というか。

個人的には ⇒ 手島優(グラビアアイドル)

そういう意味でいうと、ビジュアルでアピールしていくグラビアアイドル系の人のほうがこの手の役は意外と向いているんじゃないかという気がしますね。

ということで、あくまで個人的には「手島優」さんがいいかなと思ってます。

tejima_yu106

やっぱり、唐之杜志恩に求める要素って「娼婦感」とか「アバズレ感」だと思うんですよね。そういう意味ではグラドルの中でも、そのあたりのお色気さって意味では、この方がトップクラスなんじゃないかと思ってます。

槙島聖護(まきしま しょうご) ⇒ 小栗旬

character_tv108_main_sp-tile

これはちょっと、ぼくは違うと思うなあ。まあ実際に小栗さんがやることになったら、それはそれで面白そうだし、彼のことだからきっと面白くしてくれるとは思うんですけど、ちょっとイメージとはかけ離れているかなあといったところ。

小栗旬さんはどちらかというと、対局である「主人公:狡噛慎也」のほうが近いと思うんですけどね。

個人的には ⇒ GACKT

で、ぼくなら誰がいいかと言うと、「GACKT」さんかなって思います。

C3u96L_UcAEQJFc

やはりこれも亀梨さん同様、2009年のキムタク主演ドラマである「Mr.BRAIN」にて、猟奇殺人犯である「竹神貞次郎」役の印象と、PSYCHO-PASSにおける「槙島聖護」が、ぼくの中で非常にに被るんですよね。

ややもすれば、PSYCHO-PASS制作にあたって、槙島聖護は「竹神貞次郎」をモデルとしているんじゃないかという気さえもぼくはしていて、強ち間違ってもいないんじゃないかなと思っています。その可能性は大いにあると思っている。それくらい両者は近いと思う。

雑賀譲二(さいが じょうじ) ⇒ 田中要次

D1VTruQVAAEMgJ5-tile

最後はこの方。でも田中要次は違うと思う。

確かに田中さんは、役柄的に、「ぶっきらぼうだけど面倒見がいい職人」みたいなイメージが多くて、そういう意味では多少なりとも雑賀さんと被るところはあるんだけど、でも、もっとぴったりな人いますよ。

個人的には ⇒ 吉田鋼太郎

「吉田鋼太郎」さんです。

yoshida-kotaro

知的でちょっとおしゃれで、でもちょっと怖さも秘めているところなんかは、非常に雑賀さんのイメージとピッタリだと、ぼくは思っています。

 まとめ


めちゃくちゃ長くなっちゃいましたね。


でもこーゆー「自分の好きなアニメ作品の実写版キャスティングを考える」ってめっちゃ楽しいですね。

また何か、別の作品でできそうなのがあったらやってみたいですね。

※画像引用元
 http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4646139
 https://dreaming-baby.com/actor/p494/
 https://kyun2-girls.com/archives/2250
 http://gazoucenter.blog.fc2.com/
 https://myfavoritetopics.net/archives/2648
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT