81AfN3H8gFL._SL1500_


旨かった。

系統としては以前紹介したことのある、同じ汁なし麺ってことで「チキンラーメンの油そば」に近いと思う。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/17272702.html


 カロリー&PFC


879e3c65-10f1-44e5-99e9-3939a781ba36

内容量:
110g
(麺:80g)
カロリー: 481kcal
タンパク質: 9.6g
脂質:23.4g
炭水化物: 57.9g
食塩:6.6g

サイズ的にはレギュラーサイズよりちょい多め程度。

前回の「油そば」のときと同様、カロリーは普通ですが、サイズの割に脂質がやや高めな印象。まあこの辺は「麺に既に味がついているから」っていうところで致し方ないところではありますね。

でもタンパク質が10gいってないのはちょっと気に食わないですね。

 かやく&ソース


79763e06-0ebd-4b47-b5bd-789bb948af35

内容物
  • 特製だし醤油
  • 特製卵黄だれ
  • 炒り胡麻
かやくは既に麺と一緒に入っているパターンですね。因みにかやくはネギでした。

で、特筆すべきはこの「特製卵黄だれ」と思いきや、「特製だし醤油」の方だとぼくは思っていて、コイツがかなり旨かったですね。しょっぱさや油の量なんかが非常いい塩梅だなと感じました。

タレ自体にごま油が効いている上に、更にダメ押しとばかりに「炒り胡麻」もついているので、ごまの油感がしつこそうかなと思いきや、意外とあっさりしていて、ぼくにとってはちょうどよかったです。

で、「卵黄だれ」ですが、最初からINしてしまったので、正直なんとも言えないですね。もしかするとこいつがタレを緩和してくれていたのかもしれない。

でも、パッケージの画像を見てもらえればわかるのですが、卵黄だれが付いているにもかかわらず、「たまごを乗せてさらにドロ旨い」とか言ってて、どんだけたまご推しなんだよとは思ったw

81AfN3H8gFL._SL1500_02

真面目な話、卵黄だれ使わないで、生卵をまるごと1個入れるだけでもいいと思いますけどね。卵黄よりも卵白のほうが、タレがキツいと感じる場合、緩和してくれそうな気もするし。

因みに画像にもあるように、前回の油そば同様、チキンラーメンは麺自体に味がしっかりついているため、湯切りのお湯を捨てずに、スープとして飲むことも可能です。

ま、脂質の気になるぼくはしませんでしたけども。

 麺


89098a41-0016-47a8-a52d-2679020d474c

中太平縮れ麺。

半分くらい喰らったところで「あ、写真撮ってねえ」ってことに気づいて、慌てて撮影した麺の画像がこちらですw

チキンラーメンですが、油そばのときもそうだったと思うんですが、多分ラーメンのときより幾分か麺が太い気がしますね。なので太さ的には「中細」よりかは「中太」なのかなと言う気がします。

平縮れなので、タレやかやくのネギがものすごくいい感じに絡まってくれて、個人的には大好きな食感の麺です。

因みに今回は3分基準のところ、4分くらい置きました。


 まとめ


ぼくはもしかすると、チキンラーメンは汁なしのほうが好きかもしれないということに今になって気づいた。

これは非常に美味しかったので、スーパーで安くなった頃にもう一度買おうかなと思いました。
次食べるときは、生卵を落としてみようと思います。

ごちそうさまでした。



 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT