めちゃくちゃ旨い。

 カロリー&PFC

dba70b35-c32e-48c0-8a1f-916559555541
内容量: 52g
カロリー: 194kcal
タンパク質: 5.1g
脂質: 0.5g
炭水化物: 42.2g
食塩:1.65g

まず「カロリー」についてですが、「52gのスナック菓子」として考えればまあ普通かなと思います。

しかしここで注目すべきはそこではなく「脂質」です。

減量中の間食において気をつけなければならないのは「カロリーや糖質ではなく脂質」ということを、ぼくは声を大にして言いたい。スナック系のお菓子の場合なんかは特にだ。

よくよく考えてもらえれば分かる話だと思うのだけど、人が「太る」というのは、「脂肪が乗りすぎている状態」なわけであるからして、抑えるべきは「カロリーという全体的な数値」ではなく、「脂質」なわけです。

なので、脂質を削ってさえいれば太りにくくなるなんてのは、当たり前の話です。ま、もちろんあんまり削りすぎるのもダメだけど。

とは言え、この辺の話については、今度別の機会に減量関連のエントリを書きます。いつになるかはわからんけど。

で、このおせんべいの脂質「0.5g」ですよ。1gないんですよ。すごくないですか。

おせんべいって結構厄介で、というのも、カロリーやPFCバランスに非常にばらつきのあるジャンルなんですよね。

例えばせんべいには「揚げせん系(ピーナツ揚げとか歌舞伎揚とか)」のように、要するに「油であげているせんべい」と、「焼き系(このおせんべいのように、醤油で味付けして焼いただけのやつ)」なんかがある。

当然のことながら、揚げ系は油であげているので必然的に脂質は高くなり、焼き系はノンオイルなので、味付けに使われている醤油の脂質くらいしか入ってない。

なので、減量中の間食としては「醤油焼き系」のものを選ぶのがベターということなので、今現在コンビニで売られているせんべいとしては、少なくとも今まで見てきた中では、最も脂質が少ない部類に入ると思う。

また、せんべいである以上、主成分は「お米」で、そのくせ脂質は少ないためか、血糖値が上がりにくい印象。そのせいかはわからないけど、兎に角腹持ちがいいです。

 風味

A1qDQGb37-L._SL1500_

さて、ヘルシーなのはいいとして、問題は「味」ですよ。味が薄かったりしたらやっぱり嫌じゃないですか。

でもこいつは違いました。パッケージにも書いてあるんですけど「二度づけ」なんですよ。恐らくは醤油を塗って1回焼いて、その後またつけてみたいなことなんでしょう。しかも割った状態でつけてる。

なので、割れている部分にも味が浸透しているので、兎に角醤油が濃厚で、実に旨い。

おまけにめちゃくちゃ硬いので、嫌でも咀嚼回数が増える。入念な咀嚼により口の中で唾液で溶かされる頃には、絶妙な甘さとなっていくのも非常に良い。

 まとめ


減量中に限らず間食って、極端に甘いものやしょっぱいものが欲しくなるじゃないですか。

けど、ポテトチップとかは「一番太りやすい間食」とも言われているので、できる限り脂質の低いスナック系はないものだろうかと探しているところでこいつと出会ったわけです。

先述したように、カロリー的には高すぎず低すぎず、間食として普通なんだけど、脂質の低さに加え腹持ちの良さもある。

なので、これを15時とか16時頃に食べておけば、夜まで全然余裕で保つので、マジで減量中におすすめのおやつです。



 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT