2ヶ月くらい前の動画ではあるんだけど、まさかこの2人がコラボしているだなんて思いもしなかったので、最初見た時は偉い驚いた。

しかも、やってるネタがこれまたぼくの大好きな「lynch.」で更に驚き。

まず最初に軽く説明しておいたほうがいいと思うんだけど、「Яyo Trackmaker(リョウ・トラックメイカー)さん」については、実はこのブログで一度取り上げたことがある人で、元々は「ギルガメッシュ」というV系バンドでドラムを叩いていた人です。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/13814121.html

で、この方は結構前に独りでlynch.の「Adore」というきょくをカバーしていたことはあったんだけど、ここに来て「デスのお兄さん」こと「MAHONE(まほーん)氏」とコラボしてるもんだから、死ぬほど驚いた。


lynch. / GALLOWS【cover】 feat. MAHONE

サビ以外は殆どデスヴォイスっていう曲。デス部分をMAHONE氏が、サビのクリーンをRYO氏が担当。

原曲よりもキー1つか2つくらい下げてますね。まあ、普通の6弦ギターにカポタストつけて無理やり下げている関係なんでしょうか。それともただ単にヴォーカルのキーの都合なのか。



lynch. - I BELIEVE IN ME 歌ってみた feat. Яyo Trackmaker 【Vocal Cover】

こちらは「MAHONE」サイド。メジャーデビューアルバムのタイトル曲をチョイスしてくる辺り「lynch.のことをわかってらっしゃる」といった感じ。

そして、MAHONE氏。デスヴォイスだけじゃなくて、普通にクリーンの歌もうまい。というより、MAHONE氏自体が自身のチャンネルでも言っている通り、クリーンでまともに声が出なければデスヴォイスは出せないみたいですからね。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT