偽装 音楽業界
キリト
オリコンエンタテインメント
2003-10



クソつまんな過ぎてこれも途中で断念。

著者は、かつて第二次V系バンドブーム(第三次バンドブーム)真っ只中に活躍していた「PIERROT」のVo.キリト氏と、V系界隈ではお馴染みの「市川哲史」氏。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/16578471.html


 http://blogrider.tokyo/archives/17263442.html

 http://blogrider.tokyo/archives/17263711.html

なので、基本インタビュー形式なのだけど、そもそもこの本の内容としては、PIERROT周りのスタッフ達に、仕事内容(業界内部)についての話を聞くみたいな趣旨だったんと思う。

けど、市川氏・キリト氏・スタッフの座談会的なインタビュー形式で、「PIERROTスタッフとしての苦労話」という、メンバー本人を目の前にした雑談故に「内輪ネタ」感がひどかった。

で、別に大した盛り上がりもなにもないため、全く面白みがなく、そのくせ無駄に「伏せ字」も多すぎて、とにかく読みづらく、ただただつまんなかった。

「プロの仕事」としてのちゃんとしたインタビュー本だったらもう少し楽しめただろうに、内輪のグダグダな酒席レベルの話がムダに多い文字数で綴られているだけなので、50Pくらい読んだところでやめた。

「V系だったころシリーズ」はサシのインタビューで、テーマもしっかりしていたからかなり読み応えもあったけど、こっちは終始グダグダなダベリでしかなかった。

なんというか、これはもうタイトルですっかり騙されてしまった感。てっきり、キリト氏がその独特の感性と歯に衣着せぬ発言で、音楽業界の裏側を斬る!みたいなそういう内容かと思っていただけに、ガッカリ感が半端ない。

よほどのPIERROTファンでもない限りは、読む価値はないですね。ファン以外にとっては、マジでどうでもいい話しか書いてなかった。

女優がインスタでUPするランチ画像くらいどうでもい内容。中身スッカスカ。
 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT