文章は型が9割
高橋フミアキ
フォレスト出版
2019-04-20



それなりに参考にはなった。

が、正直「ちょっと読み辛い」と言う印象。横書きな上、例文なのか作者の解説なのかがパッと見で分かりづらい。

とは言え、「セールスレター、キャッチコピー、企画書、会議・営業資料、SNS、メール、小論文・作文、エッセー・小説」など、様々な局面に適した「型」があり、わかりやすく解説してくれている。

でも、思ったのは、「完全にこの通りにやる必要はないのかな」ってこと。あくまで「型を参考にした上で」自分の文章を書いたほうがいいんだろうなと思った。

要はここで言う「文章の型」って「読みやすさや、完読率を上げるための基本パターン」ってことだと思う。

●目次
第1章 一瞬で心をつかむ1行の型
第2章 相手をメロメロにする疑問文の型
第3章 説得力がアップする文章の基本の型
第4章 読みはじめたら止まらない文章の型
第5章 長い文章でもスラスラ書ける型
第6章 頭がいい人の論理的な文章の型
第7章 感情を揺さぶる感動ストーリーの型
第8章 思わずクスッとなる「笑い」の型

ひとつずつ拾って書くとキリがないので割愛するけど、要するにセールスレターやキャッチコピーなどで使われる「型」について、タイプ別に解説されている。

でも、正直こうした「文章術系」の本だと、過去に紹介した下記の本のほうが参考になるかなあ。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/16124846.html
 http://blogrider.tokyo/archives/16466058.html

 関連動画


タイムリーに関連する動画を偶然見つけたので、一応こちらもシェア。TVのエア撮りなので音めっちゃ小さいけど。 


中田式 読書感想文の書き方

これも、まんまセールスライティングの話だと思う。こっちのほうがよほど参考になる。

文章は型が9割
高橋フミアキ
フォレスト出版
2019-04-20


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT