●今日お誕生日の楽曲
1992年5月27日(27年前):観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!(4th SINGLE)
1998年5月27日(21年前):モーニング娘。 - サマーナイトタウン(2nd SINGLE)
観月ありさは「小室哲哉」が、娘。の方は「つんく」がということで、J-POPを代表する2大プロデューサーによる楽曲です。


Arisa Mizuki - TOO SHY SHY BOY !
観月ありさ - TOO SHY SHY BOY!(4th SINGLE)
1992年5月27日リリース。
27年前の今日リリース。

ってことで、この曲は、所謂「TKプロデュースによる小室ファミリー前」なので、そんなにバカ売れもしなかったと思う。というより、TM NETWORK好きな人以外には、小室哲哉という名前自体がそこまで知られてなかったと思うし。

けど、個人的には、小室哲哉が人に提供したが曲の中では、1,2を争うくらい好きな曲ですね。この曲は初めて聞いて即買いした記憶がある。

小室ファミリー前の時代なので、ゴーストライターではなく、本人が曲を書いているということがよく分かる楽曲で「小室哲哉」という人の特徴がこの曲にはよく現れているんじゃないかというくらい、言わば「ザ・小室」な曲とも言える。

特にそれが特徴的なのがイントロのフレーズで、ギターなんかは松本孝弘っぽいし、なんならTM NETWORKのレパートリーとして入っていても何の違和感もないし、もっと言うと「LOVE TRAIN」に非常に近い。

小室哲哉はこの時代がピークな気がする。


モーニング娘。 『サマーナイトタウン』 (MV)
モーニング娘。 - サマーナイトタウン(2nd SINGLE)
1998年5月27日リリース
21年前の今日リリース。

そもそもモーニング娘自体が20年以上も前から存在しているという事実の方が驚きですけどね。

モーニング娘。については、過去こちらの記事にて触れていました。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/13814320.html

元々モーニング娘。って、シャ乱QのGt. はたけがプロデュースする女性ヴォーカルオーディションの「敗者」によって構成されているグループなんですよね。

つまり、つんくキッカケでゼロから始まったわけではないんですよね。

で、確かインディーズ制作のCDを手売りで1000枚とか売って、売れ残ったら即解散みたいな企画を「アサヤン」というTV番組でずっとOAしてたりという「ドラマ」があって、ようやくメジャーデビューシングルの「モーニングコーヒー」リリースに漕ぎ着けるみたいな感じだったと思う。

で、その流れでそのまま5人で行くかと思いきや、まさかの3人追加で、曲調もガラッと変わってのこれなので、当時は結構衝撃的でしたけどね。

でも、上記の過去ログでも似たようなこと書いてるんだけど、この曲のこのPV見てもそうなんだけど、この当時のモー娘。ってメンバーみんな若かったこともあって、そんな若い子たちがこういう曲を歌ってるっていうのが逆に良かったのかなと言う気もする。

なんというか、「処女の娘が無理して背伸びしているヒリヒリ感」っていうんですかね。実際、それを歌もダンスも未熟な彼女たちがやっているので、そこが逆に妙にリアリティがあったのと、先述の「ドラマ」があって、一気に売れていった感じですよね。

そんな彼女たちも、もれなく全員結婚して子供も産んでママさんになってて、オリジナルメンバーは一人も残ってないのに、グループだけは代替わりを続けながらまだ存続しているって、冷静に考えてすごいですよねw


TOO SHY SHY BOY!
観月ありさ
日本コロムビア
1992-05-27


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT