King Gnu - The hole

なんなんだこのPV。クオリティが高すぎやしないか。

楽曲そのものは今風な所謂ロキノン系っていうんですかね?ぼくはそこまで好みのタイプではないんだけど、映画のようなPVに鷲掴みにされて最後まで見させられてしまった。

 バンド名は「King Gnu(キング・ヌー)」


バンド名の読みは「キング・ヌー」というらしいです。

 バンドのジャンル


Wikipedia で調べてみた所、彼ら自身は自分たちの音楽のジャンルを「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称しているみたいですね。

所謂「ミクスチャー」って聞いちゃうと、初期LINKIN PARKだとか、DRAGON ASHだとかRIZEといった「ラップ + ROCK」のことを思い浮かべてしまいがちだけど、そもそも「ミクスチャー」って「混合」っていう意味合いなので、そういう意味では的確なのかも。

と言うよりも、これこそが「ミクスチャー」の本来の意味なわけだから、もっとこーゆーいろんなバンドがミクスチャーを名乗っていけばいいし、音楽メディアもそう書いていくべきなのにね。

で、件の楽曲のほかに何曲か聞いてみたけど、やっぱりロキノン系というか、ヴィレヴァンが好きそうな系統で、曲によっては「米津玄師」感を感じる楽曲もあったので、所謂「シャレオツ感のある日本のロック」が好きな人にはたまらないんじゃないかと思う。

音楽の話題とかでイキりたい人は、とりあえずこのバンド名を出しておけばまあ間違いないのかなという感じw ま、売れそうな気がするので、その賞味期限がどれくらいになるのかはわからないけども。

ジャンルとか楽曲そのものについては、ぼくはそこまで好みではないけど、でもレベルの高さは窺えるというか、歌も上手いしいいバンドだなとは思う。

 PVの内容


冒頭にも書いたけど、映画のようなクオリティで一気に引き込まれ、4分48秒が一瞬のうちにして終わった。兎に角、掴みが見事過ぎると思う。開始10秒でいきなり青年が男性に唇を奪われると言うシーンは衝撃的過ぎた。

で、すごいのがこの動画でのコメント欄でのある人の解釈があまりにも見事すぎたので、ちょっと長いけど、是非引用して掲載したい。

解釈に正解はないことを前提として、私個人の感想としては、ゲイの男性と、ゲイに恋をした女性の、恋愛という言葉では片付けられないストーリーじゃないかなと思います。

男性と出会ってから女性の顔に傷や痣のあるシーンが現れるのは、男性が女性の「ぽっかりと空いたその穴」の傷口になってあげたことの暗喩。
そして男性は純粋に彼女を救いたい、守りたいという一心で、性愛は抱いていない。男女の二人に性的なシーンがない(同じベッドで寝ている場面はあるが着衣で抱き合う以上の描写が一切ないことからただずっと時間を共にしていただけだと言える)ことは、男性がバイセクシャルではなくゲイで、二人がプラトニックだったことの象徴ではないでしょうか。

対照的に、男性には身体だけの関係の恋人(≒セックスフレンド)がいる。
男性にとって、女性は「セックス以外の全て」だった。
しかし、女性は男性を恋愛対象として愛してしまう。
最後に女性が一人、男性と愛し合うところを思い浮かべるのは女性が望んでいた未来ではないでしょうか。

女性を「ただ守りたかった」男性、
「恋人として愛されたかった」女性。
感情の齟齬から、元々不安定だった女性は心を乱し、衝突を繰り返し、結果男性は不幸にも命を落としてしまいます。

「浮気」や「二股」の話ではなく、「男だとか女だとか関係なく、ただ相手を守りたい」という男の純真な愛と、その純真さ故に相手を傷つけてしまった皮肉とも言えるような悲劇を描いているのではないかと感じています。

とにかく、如何様にもとれる美しい作品をありがとうございます。

いや、これはお見事としか言いようがないくらい、見事な考察。確かにそのとおりだと思う。

何ていうか、曲調とか全然ぼくの好きな系統ではないんだけど、ものすごくヒリヒリするというか、心をえぐられるような曲と、見事にそれを表現したPVで、ここまでPVと楽曲が一体になっている例を、ぼくはあまり知らない。

しかも「PV」であるからして「セリフ」というものが無いわけじゃないですか。それでここまで「純愛の痛み」というものを表現しているというところが、本当にすごいと思う。

あまりにも痛すぎる悲しい純愛物語なので、マジで気分が落ちているときとか寝る前には見ないほうがいいと思います。

 ロケ地のカフェは渋谷の「桜丘カフェ」


PVの青年が働いているカフェなんですが、なんか見たことあると思ったら、平日のランチの時よく行く渋谷の「桜丘カフェ」というところで、過去に「めしログ」でレビューも書いてました。

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/15928544.html 

 http://blogrider.tokyo/archives/15942887.html

まさか音楽を紹介する記事で、めしログの過去ログを引っ張ってくることになるとは思わなかったw

The hole
Sony Music Labels Inc.
2019-01-16


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT