91bz4nz6QWL._SL1500_
JEALOUSYを眠らせて(5th SINGLE)
1990年5月16日リリース
  • c/w:
    LOVER'S DAY
  • 収録アルバム:
    HIGHER SELF(3rd ALBUM)
  • その他、全てのベストアルバム
■収録曲
  1. JEALOUSYを眠らせて
    作詞:松井五郎、氷室京介 / 作曲:氷室京介 / 編曲:氷室京介、西平彰
  2. LOVER'S DAY
    作詞・作曲:氷室京介
■MEMO
  • フジテレビ系ドラマ『恋のパラダイス』主題歌。
  • 表題曲は全てのベストアルバムに収録されている。
  • カップリング曲もベストアルバムに収録されることも多く、ライブでも人気の高い楽曲。
29年前の今日リリース。
まだ30年経ってなかったのがちょっと意外。

この曲あたりから氷室の楽曲については、後追いではなくリアルタイムに追いつくようになってきて、一番最初か2番目に購入したシングルだった気がする。(SUMMER GAMEかこっちか)90年なので中学2年生くらいですかね。

あと、「氷室京介」という存在がBOØWYファン以外の一般層に浸透しだしたのも、恐らくこのシングルあたりではないかと思う。ドラマのタイアップだったし。

とは言え、この当時のフジテレビ系のドラマは所謂「トレンディ・ドラマ」と言われていた時代なので、似たようなドラマなんて毎日やっていて、それが数年続いていたから、ドラマそのものの印象とか記憶なんて1mmも無いんですけどねw

 1. JEALOUSYを眠らせて


JEALOUSYを眠らせて


Wikipediaにも記載されているんだけど、この曲は意外にも全てのベストアルバムに収録されていているものの、98年以降のものについてはこのシングルバージョンでは収録されず、どアタマのサビがカットされ、いきなりイントロから入るものになっている。

個人的にこの曲は、一番最初のこのシングルバージョンがなんだかんだ一番好きなんですけどねー。アコギと声だけで弾き語りのように「抱き合う指に眠れないJealousy~」とだけ歌って、そこからイントロに入るっていうやつ。

とは言え、シングル曲としてライブでも散々歌われてきている曲ってこともあって、正直飽きてるんですけどねw

因みにこの曲には、別歌詞バージョンである「Jealousy」というものも存在していて、その曲については、「masterpiece #12」というリミックスアルバムにのみ収録されており、その曲のサブタイトルに「-RARE MASTER 1990-」とついていて、文字通りレア曲となっている。


JEALOUSY (RARE MASTER 1990) / KYOSUKE HIMURO


これ、古参のファンじゃないと知らない人もいるんじゃないかと思う。因みに、通常バージョンは作詞が松井五郎との共作だが、リミックスの方は氷室単独での作詞・作曲。今となっては、氷室自身が作詞をしている楽曲自体がレアですね。

 2. LOVER'S DAY



LOVER'S DAY -CASE OF HIMURO 15th Anniversary Special LIVE-

氷室のバラード曲ってあまり好きじゃないんだけど、この曲はミディアムテンポの8ビートということもあり、曲調自体はWET過ぎないところが良いかなって思う。

ぶっちゃけ歌詞は非常に「未練タラタラ系」ではあるんだけど、氷室がこの8ビートで歌うから様になるってところはあると思う。

というか、これをものすごいゆったりとしたバラードで歌われちゃったら、それこそ湿度が高すぎてもういいよ!ってなっちゃうところでしょうね。

あと、この曲の最大の肝と言えば、やはり言わずもがな「サビ終わりでコード進行がクリシェになっている」というところでしょうね。やはり「失恋ソング」と「クリシェ」ってものすごく相性抜群ですよね。

何と言うか、「届くことのない気持ちの距離感」だとか「取り戻せない時間や涙」というものに思いを馳せている感じに胸をギュッと締め付けられる感覚が、否が応でも想起させられるっていうか。

あと、個人的には、後のアルバム「SHAKE THE FAKE」に収録されている「Don't say good-bye」と兄弟のような曲だと思っている。

JEALOUSYを眠らせて
氷室京介
EMIミュージック・ジャパン
1990-05-16

 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT