思いの外、旨かった。
が、言うほど濃くはなく、麺はほぼ「うどん」だった。

 カロリー&PFC

96db071c-95b0-4078-ab38-26dae42275d4
内容量:176g(麺:130g)
  • カロリー:675kcal
  • タンパク質:11.1g
  • 脂質:22.5g
  • 炭水化物:107g
  • 食塩:7g
麺130gという、所謂「大盛りサイズ」でありながらカロリーが700kcalを切っている上に、脂質が「22.5g」なので、大分ヘルシーな印象。これはちょっと意外だった。

※前回の「マルちゃん正麺焼きそば」のときにも書いたけど、一般的なソース焼きそば(麺130gサイズ)の脂質は概ね「27g~30g前後」

※関連過去ログ
 http://blogrider.tokyo/archives/17873197.html

そしてタンパク質も2桁なので、数値としては悪くないですね。というか、カップ焼きそばって全般的にすべての数値が高いですね。

 かやく&ソース

P1131977_480x
※画像引用元
 https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/426/426356/index-2.html
 写真撮り忘れのため、アスキーさんから拝借しました
内容物
  • 液体ソース
  • ふりかけ
しつこいようですが、「ソース焼きそばの液体ソースは1/3程度残す派」ですので、当然残しました。でも、Amazonのレビューを見ると、相当濃い味のようなので、やはりそれが正解かもしれませんね。商品名に偽りなし。

そして、「ふりかけ」なんですが、この商品の最大の特徴のようで、なんでも「100種の素材が入っている」とのこと。いや、ぶっちゃけそんなにたくさん入れても逆にわからないと思うんですけどね。

※実際見た目はただの青のりふりかけに揚げ玉が混ざってるってだけにしか見えなかった。

しかしご丁寧に、その100種の具材、全て袋の裏にその内訳が記載されていました。

P1131981_480x
※こちらもアスキーさんより画像を拝借しました。

しかもこの画像の左端をよくご覧ください。ご丁寧に「エースコックマックスガンバリマシタ」という縦読み付き!気付かなかったw

まあ、縦読みも具材100種にも気付かなかったわけなんですが、とは言え、「青のりオンリー」ではないふりかけってことで、他のソース焼きそばには無いアクセントがあったようには感じられたかなと。

その中でも特に「揚げ玉」が結構いいアクセントになっていて、個人的にはその点がポイント高かったなという感じです。この手のソース焼きそばで「揚げ玉」ってなかなか無いと思うんですよね。個人的にはペヤングの「焼き蕎麦」以来ですね。

※ここで過去ログ貼ろうと思っていたら、まさかの「書き忘れ」でした。。。

で、商品名が「濃い味」ってことで、大体その手の商品名を出してくる場合って、ソースの方で味の濃さを出そうとするもんだと思うんですけど、言っちゃえばソースは「ちょっと濃いかな」くらいなもんで、どちらかというとこの「ふりかけ」でブーストしている感じのようにも思います。

因みにぼくはこのふりかけ好きです。

 麺

P1131983_480x
※こちらもアスキーさんより画像をry

ガッツリコシのある太麺…かと思いきや、麺そのものは意外と柔らかかったです。

置き時間は「5分」で、これまでのぼくなら「3分」で湯切るところなんですが、「コシのある太麺」であることを見越して、今回は大体5分位で湯切ったら、思いの外柔らかかったです。

この太さといいコシといい食感といい、ほぼ「うどん」でした。なんかマジで「焼きそば味の焼きうどん」を食ってる気分だった。

 まとめ


冒頭にも書きましたが、総合的な感想としては「思っていたよりか旨かった」という感じでした。

ぼくは太麺ってあまり好きじゃなかったんですけど、家系・インスパイア系ラーメンの開眼と共に、好きになったわけではないけど、抵抗はなくなったので、意外といけた。

あと、脂質が少なく見た目とは裏腹にヘルシーなのも高評価。とは言え、ザバスのミルクプロテインと一緒だと、めっちゃお腹いっぱいにはなりますね。

あと、全体的な味はやはり結構濃い方だと言うこともあり、これは結構賛否が分かれると思います。ぼくは嫌いじゃないですし、少なくとも前回の「マルちゃん正麺焼きそば」に比べたら遥かに旨いです。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT