■YouTuberが配信中におにぎりの一気食いで窒息、死亡 医師は「早食い」に警鐘■
4/16(火) 19:01配信 - BUZZ FEED NEWS

cap190418

YouTubeでライブ配信をしていた女性が「赤飯」のおにぎりを一口で食べ、そのまま意識不明になったとみられる事故。女性がその後死亡したと、本人のTwitterに親族名義で書き込みがあった。

YouTube上には「大食い」や「早食い動画」も多く存在している。医師は「やるべきではない」と警鐘を鳴らしている。動画は4月8日夜に配信されていたもの。転載されている動画を確認する限りでは、「一気っていうか一口」「これを一口で…いきます」とこぶし大の赤飯のおにぎりを一口で食べようとしている様子がアップされている。女性は当初口を動かしていたが、その1分ほどあとに苦しそうな様子を見せはじめ、3分後には倒れこんで泡を吹き、動かなくなった。そして20分ほどあと、2人の男性救急隊員の姿が見え、応急処置が始まるところで、別の男性が配信を停止している。すでに当該動画は閲覧できなくなっている。女性のTwitterアカウントには、親族名義で女性が2日後に死亡したと明らかにされている。

※続きはリンク先にて※

 悪いけど同情できない事故
 ~YouTuberが配信中におにぎりの一気食いで窒息、死亡


ご遺族の方に対しては「気の毒」とは思う。

でも悪いけど、亡くなった本人には一切同情できないし気の毒とすら思えない。流石に「ざまあみやがれ」とまでは言わないが、それ完全に自業の自得ですよね?って話だからね。

 「これだからユーチューバーは」
 と思われてもしゃーない現実


この手のニュースに際して、つい最近までは「これだからユーチューバーは。。。」っていうのが非常に多かったですよね。ま、今でもそうかも知んないけど。

けど、ここ1~2年である程度ユーチューバーの地位がわずかに向上したこともあって、「これでユーチューバーやYouTubeそのものを害悪視するのは間違ってる!」とか「TVだって同様の事故が過去にいくらでもあっただろう」っていう意見が出るようになってきたじゃないですか。

でもね、「YouTubeそのものを害悪視すべきではない」ってのは当然として、「これだからユーチューバーは」と思われるのは仕方ないと思うんですよね。

確かにTVでも同様のこと(早食い・大食い)は、一時期流行ったりましたよね。でもそういうときだけTVを引き合いに出してどうすんのって話でもあると思うんですよ。それ言ってどうすんの?的な。

だって、TVは「TV局」の元に「制作会社」がいて「放送作家」がいて、「スポンサー」のイメージを損なわないように、様々な取材や検証のもとにコンテンツが制作されているわけじゃないですか。(一応の前提としては)

つまり「監督的な人」や「オーガナイザー的な人」が必ずいるわけじゃないですか。だから何かあっても、基本的に演者には責任はないじゃないですか。

けどユーチューバーの場合は「監督・脚本・演出・編集そして主演、全部自分」な世界じゃないですか。

アクセル踏んでハンドリングするのは当然のことながら、「必要に応じてブレーキをかけるのも」ぜんぶ自分でやらないとダメなわけですよ。

つまりどこかで「こっから先は絶対にやらない」という線引きやルールを絶対に設けないとダメなわけ。TOP集団にいるユーチューバーほど、この辺りはしっかりいしている。

けど、頭悪い情弱低能なユーチューバーはそれが出来ない。何故なら「情弱低能なただのバカ」だから。自分自身に「価値提供に足るだけのコンテンツがない」っていうことすらわかってないから。だから「注目を引く危険行為」でしかコンテンツを作れない。

その中でもとりわけ「早食い」とか最も頭悪いとさえ思うけどね。だって、単純にその行為自体は誰でも真似できるからね。実際に早食い・大食いができるかどうかはともかく「ただ食べる」ってだけだからね。

 この手の事故を起こすのはいつだって
 「創造力」も「想像力」もない頭の悪いユーチューバー


断言してもいいと思うんだけど、度々こうして問題になるユーチューバーって、「失敗した時のリスクヘッジ」なんて絶対想像してないじゃないですか。

コンテンツを自分の力で作り上げるという意味での「創造力」が無いから、リスクヘッジのため「想像力」も無いんですよねきっと。

 結論


「ユーチューバー」として成功したいなら、TVでは出来ない「自分だけのコンテンツ」がないとダメぢゃねって話。

結局、以前からずっと言われ続けているような当たり前の意見に着地しちゃうけど、でもそうとしか言えないのだからしょうがない。

だから結局、昨日のエントリにも通じる話だけど、コンテンツのトレンドとかがもっと多様化していかないと、再生回数が多い動画ってみんな似たような動画になるから、頭の悪いバカは頭の悪い動画しか真似しなくなっちゃうんだと思うんですよ。

※関連過去ログ
http://blogrider.tokyo/archives/17613504.html

低品質なバカな動画はもっと淘汰されて、良質なコンテンツがちゃんと上に来るようになって、その上でそのジャンルや選択肢が増えたら、全体のレベルってもっと底上げされると思うんですよねえ。

そのためには、こーゆーばかなチャンネルが上に来ないように、まともなユーチューバーがもっと頑張ってもっと増えるのはもちろんのこと、視聴者のリテラシーが底上げされないと現状難しいんですよね。

てゆーか、芸能人の「不倫・不貞行為」や「犯罪行為」には、やれコンプライアンスだなんだってうるせえくせに、無法ユーチューバーはいいのかよって話。

芸能人叩くならバイトテロとか、こういうバカをもっと吊るし上げろって話なんだけど、そうならないのは何故か。

答えは簡単。この手のクソユーチューバーのチャンネル登録者もまた、所詮は同レベルの情弱低能なバカだからってこと。


 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT