51S4PDAC78L

X - VANISHING VISION(1st ALBUM)
1988年4月14日リリース
  • YOSHIKIが立ち上げたインディーズレーベル「エクスタシー・レコード」よりリリース。
  • 型番は「EXL-001」 ※当初はアナログ盤でのリリースのため型番の「L」は恐らく「LP」の意味と思われる。
  • HIDE(hide)加入後、初のアルバムだがこのアルバムで腱鞘炎になる。
  • 初動1万枚という、当時のインディーズとしてはありえないくらいのヒット。
  • 後に5000枚限定で「ピクチャーディスク(盤面が画像になっている)」がリリースされ、1990年頃のレートですら「¥50000」程度のプレミアになった。

●収録曲

 1. DEAR LOSER
 2. VANISHING LOVE
 3. PHANTOM OF GUILT
 4. SADISTIC DESIRE
 5. GIVE ME THE PLEASURE
 6. I`LL KILL YOU
 7. ALIVE
 8. KURENAI
 9. UN-FINISHED

31年前の今日リリース。
中学1年生の頃に初めて聞いた時は、言葉を失うほどの衝撃だった。

あまりにも過激で衝撃的すぎたからか、中1当時、友達の家でこのアルバムを流しながら必死にレコメンドしていたら、「M2. VANISHING LOVE」のギターソロに差し掛かる前の段階で「あ、ちょっと、もうそろそろ親が帰ってくるから、止めるね」と言われたのは、今となってはいい思い出。

そう。この当時は、「ロック=不良」というイメージが、まだほんの少し残っていた時代でもあったのだ。

そんな中で、そうした既成概念や形骸化された価値観等、すべてを打ち砕きその破片をも吹き飛ばすかのような、そんな火力と破壊力と殺傷力の強いアルバムを、彼らは20代前半の頃、インディーズで既に作っていた。

リリースされた1988年は、おりしも「第二次バンドブーム」の真っ只中で、そうしたムーブメントの後押しもあって、当時のインディーズシーンでの売上としては異例となる「初動で1万枚」という記録も打ち立てた。

間違いなく日本の音楽シーンに一石を投じ、メジャーシーンに対する宣戦布告として、アルバムジャケットのように、「X」の文字を深々と切り刻んだアルバムだと思う。

例によって「続きを読む」以降で、全曲解説をします。

 1. DEAR LOSER

作曲:TAIJI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=0wwahMg1sSE

ベーシストTAIJI作曲によるインスト曲。

タイトルとは裏腹に、いかにもヤンキー映画のクライマックスで、最後の決戦に向かう主人公達が、「おれらこれから戦いに行くぜ」的な、狼煙を上げるような曲。スローモーで歩くシーンが目に浮かぶ。

ハイライトはやはり、途中のギターの6連のところでしょうね。

因みに、ギタリストのHIDEはX加入の3日後くらいにこのアルバムのレコーディングに望んでおり、その際、あまりのスピード曲の連続でレコーディング中に腱鞘炎にかかってしまい、当初この曲のイントロのアルペジオ部分を引く予定だったらしいが、PATAに代わっててもらったらしい。

※原因となった曲は、BPMからして恐らく「M2. VANISHING LOVE」か、「M6.I'LL KILL YOU」と思われる。
 

 2. VANISHING LOVE

作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=bbnH4_H4ASE

実質的OPナンバー。

メジャーデビュー直後くらいまでは、前曲と併せてライブでも演奏されていたけど、やはりアルバム「Jealousy」をリリースした辺りからやらなくなってしまった。めちゃくちゃかっこいい曲なんですけどね。

所謂スラッシュメタル曲なので、兎に角ギターの16分が隙間なくびっしり埋まってる。ドラムのツーバスも踏みっぱなしで、ずっとドコドコなってる。

Xの楽曲全般的に言えることだけど、恐らくこの曲のスコア(楽譜)はきっと、16分音符で真っ黒だと思う。
 

 3. PHANTOM OF GUILT

作詞:TOSHI / 作曲:TAIJI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=qX0JpxMlKTk

数少ないTAIJI曲の中でも実は名曲としての呼び声の高い1曲。ぼくも、TAIJI曲の中では最も好きな曲だ。

そしてなんと言ってもこの曲は、ギターソロが死ぬほどカッコいい。よくこんなカッコいいフレーズを思いつくもんだ。
 

 4. SADISTIC DESIRE

作詞:YOSHIKI / 作曲:HIDE / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=qX0vlfRfCAY

HIDE作曲で、後にシングル「SILENT JEALOUSY」のカップリングでリメイクされている。正直今となってはリメイクバージョンのほうが好き。

この曲は元々HIDEがX加入前に在籍していたバンド、「横須賀SABER TIGER(サーベルタイガー)」で演奏されていた「SADISTIC EMOTION」が原型で、YOSHIKIが歌詞を書き直している。

「SILENT JEALOUSY」の時にも書いたけど、この曲はXの中では数少ない、YOSHIKIが「作詞のみ」をおこなっているという、極めて珍しい曲。(HIDE曲は大抵、HIDE自身による作詞)

初めて聞いた中学生当時は、この猟奇的な歌詞に衝撃を覚えた。と、同時に、自分で作詞・作曲をしてみたいと思っていたぼくは、「ああ、この手の音楽にはこういう言葉を当てればいいのか」と、非常に参考にさせてもらった。

そう。厨ニ病発症の瞬間である。
 

 5. GIVE ME THE PLEASURE

作詞:YOSHIKI / 作曲:TAIJI & HIDE / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=x49uQMfDFZo

LP盤ではB面1曲目となる曲。本作ではインタールード的な位置づけにもなっており、歌唱的な意味合いでの歌は入っていないため、TOSHIの出番はなし。YOSHIKIのヴォイスを加工したものと思われるシャウトによって構成されている。

そのためもあってか、この曲も前曲「SADISITIC~」同様、YOSHIKIは作詞のみという珍しい形態。

楽曲的には、Xとしては珍しい変拍子の曲。これ何拍子なんだろう。4分の9拍子に聞こえるんだけど合ってるんだろうか。

それにしても、冒頭のYOSHIKIによる英詞のセリフの朗読が酷すぎて笑える。全編英語で書かれているんだけど、完全にカタカナ英語での発音過ぎる。

お前、よくこの程度で「TOSHIの英語の発音が」とか言えたなとwお前も大概やぞとwというより、寧ろこの当時のYOSHIKIの方が酷い。TOSHIの方がまだまし。

ただ、その笑えるセリフの直後にそれをブチ破るTAIJIのスラップがあまりにもかっこよすぎる。TAIJIというベーシストが如何に神がかっているかがよく分かる曲。隠れた名曲だと個人的には思う。

また、「HIDE&TAIJIによるほぼインスト曲」という意味でも、次作「BLUE BLOOD」での「XCLAMATION 」に繋がる作品だと思う。特に、前半での不気味なギターのフレーズに、HIDEの世界観を強く感じる。
 

 6. I’LL KILL YOU

作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=9hmLamvzHhM

Xが世に放った楽曲としては恐らく最古の曲ではないかと思う。

まだEXTASYを立ち上げる前に「DADAレコード」というところから1000枚だけプレスされてリリースされたEP盤(シングル)曲でもある。

「父親がレコード屋」という特権をフルに活かして、実際のEPを手にとって聞いたことがある(※)が、やはり「85年もの」ということで、HIDEもPATAもTAIJIもいない頃だったので、その時の演奏技術もまあ下手くそ。

その時に比べるとアレンジも技術的な部分も、全てにおいてレベルアップしており、かつスラッシュメタルとしてのBPMも大分上がっていて、本作の中でも最も殺傷力の高い攻撃的なナンバー。

前曲が「黒魔術」による魔法攻撃だとすると、こちらは「血塗られた刃による物理攻撃」といった感じ。まあ、タイトルもそのままですしねwというか、EP盤のジャケット、実際の死体の写真を使ってるので、相当エグい。

でもそんなエグいジャケットのくせに、歌詞の内容は、愛していた女に裏切られた男が「裏切りやがって!ぜってー許せねー!ブッKOROす!!」っていう内容。

そして極めつけは、ギターソロ直前の箇所でのこの一節。

 Oh, Go to the grave together!
 訳: 俺と一緒に墓場へ行こう

いや、どうした急にw

多分これ曲タイトルでもろに「KOROす」って言ってるんで「お前を地獄に送ってやる」とか「お前を道連れにしてやる」的な事を比喩として言いたかったんだと思うけど、発想が日本語的すぎて恐らく外国人はここで首を傾げることでしょうw

実際この曲をカバーした海外のメタルバンドがあったけど、どう思ってるのかなと思ったら、英語圏のバンドではなくフランスのバンドだったらしいですね。

ま、それでも日本人よりかは英語は理解できているはずなので、絶対違和感は感じてると思うんですけどねw

※と思ったんですが、どうやら一応「死なば諸共」という意味合いのイディオムっぽいですね。


https://www.youtube.com/watch?v=G0fwAE-3i7c

※因みにその時のEPはあまりにも希少価値が高すぎるため、当然のことながらもらうことは出来ず、カセットテープにダビングをさせてもらうだけにとどまりました。

※当時(1990年頃)のレートでもおそらく1枚¥80000は下らなかったと思う。(八千じゃなくて八万ね)

※旧バージョン

https://www.youtube.com/watch?v=Dv-gHdxqZgM

 

 7. ALIVE

作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=Clplhw_j_tU

Xとしてはおそらく初めてのピアノを使ったバラード曲ではないかと思う。

イントロのピアノアルペジオではベートーベンの月光を引用しつつ倍速で弾いており、当時から既に、YOSHIKIのクラシックに対する造詣の深さが垣間見えていた。

だが曲自体はメタルバラードといった赴きで、所謂後年の、FOREVER LOVEの様な、クラシカルな壮大さはなく、非常にロック色の強いバラードとなっているのが特徴と言える。

また、曲自体が8分ほどあり、多面的展開を伴うアレンジについては非常にプログレ的。

特に04:10からの、ピアノを織り交ぜたカオティックなリズムアプローチは、次作「BLUE BLOOD」における組曲「ROSE OF PAIN」への布石としても解釈できると思うし、更にその後の大組曲「ART OF LIFE」での狂気のルーツ的な部分が、ここで既に垣間見えると言っても過言ではないと思う。

YOSHIKIは、所謂「ネオクラシカルメタル」だとか「シンフォニックメタル」といったものに直接的な影響は受けていないとは思う。

しかし、図らずともそうしたジャンルの近似値をこの頃からとっていて、それこそ先述のフランスのメタルバンドら、海外の近隣ジャンルのバンドに影響を与えるには十分な、圧倒的なアビリティと存在感を放っていたんだなとも思う。

そしてこの曲もまた、ギターソロが非常にカッコいいんだ。

 

 8. KURENAI

作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=_e-LUmKycGc

メジャーデビューシングル「紅」の英語バージョン。

実はこの曲も非常に歴史が古く、XがXを名乗る前(おそらくノイズとかダイナマイトと名乗っていた頃)から存在しており、YouTube上には、YOSHIKIとTOSHIが高校生当時に文化祭でこの曲を演奏している音源がUPされている。


https://www.youtube.com/watch?v=qgy9Iy6oQ5Q

※画像左側の坊主頭が、高校生当時のTOSHI。

因みに、後のブルブラ版とは英詞部分が微妙に異なる上に、Bメロの歌メロ末尾部分やギターソロがほんの少しだけ異なる。
 

 9. UN-FINISHED

作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X

https://www.youtube.com/watch?v=jkSX2o-h4Ag

次作メジャーデビューアルバムである「BLUE BLOOD」にも収録されているバラード曲。本格的な「どバラード」はおそらくこの曲が初だと思う。

「UNFINISHED」というタイトル通り、意図的にかなり不自然なタイミングで曲が終わり、次作BLUE BLOODにて、完全版のような形で完成する。

因みにブルブラ版とはかしが若干異なる。

 

 まとめ

本当なら今日、別の記事を予約投稿していたのに、日付が変わって深夜1時頃にこのアルバムの発売日が今日であることを知って、大急ぎで書きました。おかげで寝不足です。

それにしても、このアルバムとBLUE BLOODは、Xの原点にして集大成的な意味合いの強いアルバムだと思う。何しろ、のちのXでも展開されるすべての要素の根幹が既にこのアルバムで提示されている。

1988年当時のインディーズのレコードということもあり、音質はかなりジャッキジャキにトレブリーなんだけど、今でもたまに聞きたくなる。



 
 

ちょっとでも楽しんでいただけたり、参考になりましたら、読者登録をいただけると嬉しいです。

※「ブログリーダー」は「LINE」に更新通知が届きます。
※FeedlyはRSSで更新通知が確認できます。 ■EDIT